モデル

道端アンジェリカが乾癬!治療薬は何?注射や病院・皮膚の画像を調査!

道端アンジェリカの乾癬の治療薬は何?注射や通っている病院は?
道端アンジェリカの乾癬の治療薬は何?注射や通っている病院は?

モデルでもあり、タレントでもある道端アンジェリカさん

美しいプロポーションや顔立ちは、女性の憧れの的でもありますよね。

そんな道端アンジェリカさんは、実は「乾癬」であることを公表しています

道端アンジェリカさんがかかった「乾癬」とは何か?治療薬は何を使っているのか?皮膚の画像など、道端アンジェリカさんと乾癬に関する情報をまとめてご紹介したいと思います!

 

[originalsc]

 

 

 

 



道端アンジェリカが使っている「治療薬」は何?

 

この投稿をInstagramで見る

 

なおみ(@naomi.kusakari)がシェアした投稿

モデルという人に多くみられる職業である、道端アンジェリカさんが「乾癬」という皮膚の病気であることを以前公表しました。

同じように乾癬に悩む人は意外にもたくさんいて、芸能人の中にも「ヒャダイン」さんなど、乾癬と闘っている人がたくさんいます。

乾癬を治したい人にとって、気になるのが、症状が重かったにも関わらず、病気とうまく付き合い美しさをキープしている道端アンジェリカさんが、乾癬の治療のために使っているという「治療薬は何か?」ということ。

道端アンジェリカさんが、乾癬の治療のために使っているという治療薬は何かについて調べてみました

 

 

昔は原因がわからないことから、ほぼ治療方法がないとされてきた乾癬ですが、最近では、「皮膚だけの問題ではない」ということが分かってきたといいます。

現在乾癬の治療方法は現在、塗り薬などの外用療法、光を当てて治療していく光線療法、飲み薬の内服療法、そして定期的に打ち治療していく注射療法の、4通りあるといいます。

その中で、道端アンジェリカさんが現在選んでいるのは、生物学的製剤を直接打つ「注射療法」だといいます。

 

ちなみに、生物学的製剤とは、最先端のバイオテクノロジー技術によって生み出された医薬品で、生物が生み出すたんぱく質などを利用して作られた製剤なのだといいます。

私たちが普段よく使用する薬のほとんどは、「化学的に合成した物質」なので、生物学的製剤はその反対の「自然に生み出されるものから作られた治療薬」ということになりますね。

 

 

 

 スポンサーリンク

道端アンジェリカは「注射」で治療しに病院に通っている?

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

道端アンジェリカさんが選んでいるという「注射」での治療

はじめのうちは、定期的に通院し注射を受けていたといいます。

その後は「自己注射」という方法を選択し、「通院の負担も減りました」と少し治療が楽になったことを明かしました

なるほど、現在は通院する回数はかなり減り、自宅で薬を使用しながら治療を行っているということですね。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ターボ (Jason Kwon)(@kwon_jasonic)がシェアした投稿

乾癬の注射治療で主に用いられるのは、「コセンティクス」という製剤で、最初の1か月のうちは1週間ごとに通院して、医療機関で注射をしてもらうことになっているものです。

通院での注射期間が終わったあとは、4週間ごとにペン型の簡易な注射器で自分で注射を行っていきます

 

糖尿病のインスリン注射によく似た形をしています。

道端アンジェリカさんも、はじめの1か月の内は通院し、その後は自宅での自己注射となったと言っていますから、使用している治療薬、注射はこの「コセンティクス」と考えていいのではないでしょうか

 

 

道端アンジェリカが通う病院はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

道端アンジェリカさんが、乾癬の治療のために行っているという病院

いったいどこの病院なのかについても調べてみました。

 

以前、道端アンジェリカさんが、乾癬と分かる前までの辛さを語った時のコメントは以下の通りでした。

肌を隠したくて、常に長袖の服を選んだ。鏡も見たくない。入浴時は電灯を消した。

オシャレな黒いコートを着たいけれど、剥がれる頭皮が気になる。

友人にもスタイリストにも言えない。毎日泣いた。

 ところが、肌を露出する仕事が迫っていた。

画像はシミを消す加工は施せるが、自分がきれいと思っていない肌を、ウソできれいに見せるのは嫌だ。

悔しかった。ファンも自分も、ごまかしたくない。

専門の大学病院を探し、駆け込んだ

引用:yomiドクター

このコメントのなかで、「専門の大学病院」と言っています。

東京都内で、「乾癬 専門 大学病院」と調べると、一番に出てくるのが「日本医科大学付属病院の乾癬外来」

日本医科大学付属病院は千駄木にある大きな病院です。

 

そして、東京都新宿にある「東京医科大学」の専門外来の中にも「乾癬専門外来」があります。

さらに東京都内にある乾癬に強い大学病院といえば、「東京大学医学部付属病院の乾癬センター」と、「慶応義塾大学病院の乾癬外来」になります。

道端アンジェリカさんは、この4つの病院のどれかに通院されていたのではないかと、推測できます。

 

 

道端アンジェリカさんは、自身が乾癬の症状対策のために取り入れているシャンプーなども、インスタグラム上で時々発信しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

また、乾癬の症状を和らげる方法を見つけた際には、画像と共にインスタグラム上で情報を共有してくれたりと、同じ病気で苦しむ人の役に立てれば・・と活動を続けているようです。

 

 

 

 

 スポンサーリンク

道端アンジェリカが乾癬と公表!

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

道端アンジェリカさんは、自身が「乾癬」という皮膚の病気を持っていることを公表しました

モデルという職業柄、常に肌のコンディションにもは神経を使っていかねばならない立場にありながら、「皮膚の病気」になってしまうのは、さぞかし辛かったろうと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

道端アンジェリカさんが、乾癬だと公表したのが2017年5月13日のインスタグラム。

目に見える病気でもあり、モデルやタレントという職業柄、なかなか人にいうことができず、「乾癬」であることをずっとひた隠しにしながら過ごしてきたが、公表となった2018年頃になって、ようやく自身の病気を前向きに受け入れることができ、発表に至ったといいます。

確かに、公表した時のインスタグラムを見ると、皮膚に赤みがありますね。

 

 

道端アンジェリカさんに初めて乾癬の症状が出たのが、2019年から約7年ほど前の2012年だといいます。

はじめは、「ひざの裏とひじに症状が出た」といいます。

「肌が乾燥してピンク色になっているような状態だった」とその時のことを語っています。

 

まだ乾癬の症状が出始めたころは、小鼻やおでこの生え際が少し乾燥する程度で、モデルのお仕事には支障はなかったといいます。

はじめて乾癬の症状が出てから、少したった2012年の秋に症状がひどくなり、大学病院の皮膚科を受診。

ひじやひざの裏に赤みや乾燥が出るだけだった症状が、今度は腕やおなか、背中といった場所に小さな発疹が出るように。

 

自分の肌の状態を気にした道端アンジェリカさんが、自分で調べてみると「乾癬の画像と自分の症状がとてもよく似ている」ことに気が付いたのだそう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

当時の心境を道端アンジェリカさんは、都内で行われたイベント中に、以下のように語っています。

「モデルは肌がきれいでスタイルがいいというイメージがあるので、必死で隠していました。

ファンデーションや長袖の洋服で隠したり、ヘアスタイルを工夫したり。

周りには悩みを打ち明けられなかったし、自分でも認めたくなかったので、とても辛かったです。ものすごい孤独を感じていました」

引用:都内で行われたトークイベントより

大学病院を受診後、自分が「乾癬」であることが分かった道端アンジェリカさんは、「これで治療ができる」とホッとひと安心したといいます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

乾癬であることを公表する前までは、「公表したらモデルとしての仕事がなくなるのでは?」と感じ、怖くて周囲に話せなかったといいます。

症状を隠すために、スタイリストさんには「加圧トレーニングをしてあざができたから、長袖のワンピースにしてね」と告げたり、頭皮の症状がひどいときには、ヘアメイクさんに「前の仕事でセットしたからそのままにしてね」とお願いしたりしていたのだそう。

 

モデルという職業柄、多くの人に自分の肌や髪を触れられ、見られるとあって、公表できる決意が固まるまではとても苦しかったのではないでしょうか。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

SNSで乾癬であることを公表するにいたった心境を、道端アンジェリカさんは以下のように語っていました。

「食事に気を使ったり、生活習慣を変えたりといろいろな努力をしていたのですが、それでも症状が悪化して苦しい思いをしてきました。

そんな中で、『スーパーフードを食べているのに肌が汚い』と言われたのが、とても悔しくて。

病気を隠しているのにも疲れていたし、もう言っちゃおうと思いました」

引用:都内で行われたトークイベントより

SNSのインスタグラムで公表した際には、投稿に「いいね」が3万3000件以上もつくなど、かなり大きな反響があったといいます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

また、乾癬のことを公表したあとのことを道端アンジェリカさんは、以下のように気持ちを語っていました。

「公表して本当に楽になりました。もっと早く言えば良かった。

周りはさらっと受け入れてくれて、なんだか拍子抜けでした。たくさんのメッセージもいただきました。

もし患者さんで周りに言えない人がいたら、ぜひ言ってほしいです。

絶対に受け入れてくれるし、力になってくれる人もいると思うから。病気と向き合って、勇気を出して告白してほしいです」

引用:都内で行われたトークイベントより

ずっと乾癬であることを言えずにいた道端アンジェリカさん。

病気を公表してからは、同じ乾癬で苦しむ人々の心の苦しみを少しでも和らげたいと、乾癬をもっとよく知ってもらうためのイベントに参加したりと活動を行っていいました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

その際には、

「乾癬という病気の名前を知ってほしいです。乾癬はうつらないし、不潔にしているわけでもありません。

そういうことだけでも知ってもらいたい。

乾癬をもっと身近に受け止めてくれると、患者のみなさんも前向きに生活できると思うので、よろしくお願いします」

引用:都内で行われたトークイベントより

と、同じ症状と戦う人の気持ちに寄り添ったコメントを発表していました。

 

 

 

道端アンジェリカを苦しめた「乾癬」とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌷f-merry🌷(@fukushi_merry)がシェアした投稿

道端アンジェリカさんがなった乾癬。

名前だけは聞いたことがあるけれど、実際にどんな病気か詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

乾癬は、「皮膚が赤く盛り上がったり、フケのように皮膚が剥がれ落ちたりする」症状のある皮膚の病気です。

目に見えて症状が出ていることもあり、「うつるのではないか?」との誤解も多いですが、乾癬は人にうつったりする病気ではありません。

また、かゆみや関節痛を感じる人もいます。

乾癬になってしまう原因はわかっていないそうで、国内には約50万人の患者さんがいると言われています。

現在は「新薬」で症状が治まる患者さんも増えてきているとのことです。

 

 

 

 

 スポンサーリンク

道端アンジェリカの皮膚の画像をチェック!

乾癬になってしまってから、一番近くにいる仕事仲間や友人にも言うことができず苦しい思いを続けてきた道端アンジェリカさん。

乾癬の症状が一番ひどかったという、SNSでの公表を決意した2017年5月付近の道端アンジェリカの画像もチェックしてみたいと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

この画像は、道端アンジェリカさんがほぼすっぴんだという画像。

一番症状が出てしまっている写真ではないものの、乾癬に苦しめられていた時期です。

乾癬の症状は顔だけに出るとは限らないので、もしかしたらこの写真を撮影した時期は、頭皮や体など別の部位にはっきりと症状が出ていたのかもしれません。

 

そして、寝起きで洗顔もしていないという素の道端アンジェリカさん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿

この時期はやはり、乾癬の症状は顔には気になるほど出ていないようですね。

乾癬のことも気になりますが、寝起きのすっぴんでこんなに美しいとは・・・いやはやモデルさんは本当に素晴らしいですね!

 

 

 

 スポンサーリンク

まとめ:道端アンジェリカの乾癬の治療薬はコセンティクス!

モデルという美を商売にする職業につきながら、皮膚の難病と言われる乾癬に苦しんできた道端アンジェリカさん。

誰にも言えず、病気をひた隠しにし、一人悩んできた時期は、さぞかし辛かっただろうと思います。

道端アンジェリカさんが乾癬を治療するために使用しているのは、「注射療法」で「コセンティクス」という自己注射のできるものではないかと思います。

思い切ってSNS上で乾癬を公表してからは、前向きに治療に取り組んでいけるようになり、また、同じ病気で苦しむ人の希望にもなっています。

お仕事や育児と、何かと大変なこともあるかと思いますが、今後も元気に前向きに生きる、美しい道端アンジェリカさんの姿がたくさん見られるのを楽しみにしています!