ニュース

狩野川台風よりヤバい!?台風19号との類似点や予測される被害状況まとめ!

狩野川台風の被害情報3
狩野川台風の被害情報3

2019年10月12日に東海地方・関東地方を直撃する「台風19号」。

この台風ととてもよく似ていると比較されているのが、1958年の9月27日の「狩野川台風(アイダ)」です。

狩野川台風は、2019年の台風19号とほぼ同じ進路を通り、伊豆半島や関東地方に甚大な被害を与えました。

狩野川台風がどのような被害を出したのか、2019年の台風19号との類似点や、直撃した場合の被害予測についてまとめました。

 

[originalsc]

 

 

 

 



狩野川台風の被害状況はどんなものだった?

1958年の9月27日に日本列島を通過した、狩野川台風。

相当な人的被害を与えたことでも有名な大きな台風ですが、実際の被害状況はどのようなものだったのでしょうか。

まず死者・行方不明者などのデータは以下のようになっています。

  • 死者:888人
  • 行方不明者:381名
  • 住宅の全壊:2218棟
  • 半壊:2175棟
  • 住宅の床上浸水:13万2227棟
  • 住宅の床下浸水:38万9488棟
  • 狩野川の氾濫
  • 首都圏でがけ崩れや浸水被害

関東地方を中心に、かなり大規模な被害が出ています。

台風が去った後も、河川の決壊による鉄砲水や土砂崩れなどの2時被害を受ける人も相次ぎました。

 

被害の状況を物語る写真もあります。

河川の決壊や、土石流が起こり、各地でたくさんの人が亡くなったこの狩野川台風は、過去の日本で起きた台風被害の中でも1、2を争う大きなものでした。

東京での死者は46人、大規模な鉄砲水が起きた旧修善寺町では、死者・行方不明者合わせて460人もの方に被害が出る結果となったのだそう。

 

狩野川台風の被害状況1 狩野川台風の被害状況2

こんなにも大規模な被害を出した、狩野川台風の勢力はどのようなものだったのでしょうか?

  • 1958年9月21日にグアム近海で発生した台風
  • 中心気圧は877ヘクトパスカル
  • 1958年9月26日、午後9時過ぎに、静岡県の伊豆半島の南端へ上陸
  • 1958年9月27日、午前0時ごろに神奈川県三浦半島を通過
  • 1958年9月27日、午前1時頃に東京を通過
  • 降水量は、371.9ミリ

狩野川台風は今より61年も前に起きた台風なので、現在のように住宅や河川の整備も万全ではなかったことも、大きな被害を生んだ要因の1つになっているのかもしれません。

とはいえ、狩野川台風と2019年10月12日に上陸予定の「台風19号」は勢力や進路がとてもよく似ており、油断は禁物です。

 

 

 

 スポンサーリンク


狩野川台風と2019年台風19号の類似点は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

hisaさん(@obpon87)がシェアした投稿

先日、気象庁はこの甚大な被害をもたらした「狩野川台風」と「台風19号」がとてもよく似ているため、最大限の注意をするように厳戒注意を促しました。

 

2019年10月12日に、日本の最も接近するというこの台風19号は狩野川台風とどこが似ているかというと、それは「記録的な大雨」。

 

2019年10月12日の台風19号の降雨量の予測は以下のようになっています。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 10px 0″]関東甲信地方[/st-minihukidashi]

  • 12日:24時間に250ミリ
  • 13日:24時間に300~500ミリ

 

そして、東海地方では・・・

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]東海地方[/st-minihukidashi]

  • 12日:24時間に500ミリ
  • 13日:24時間に600~800ミリ

となっています。

これは、台風のこの時期に2か月間に降るであろう雨の量とほぼ同じなのだそう。

2か月かけて降る雨の量が、たったの1~2日で降るというのだから、その勢力のすさまじさがよくわかるような気がします。

 

 

 



狩野川台風の被害状況に匹敵?台風19号が直撃した場合の被害予測

 

この投稿をInstagramで見る

 

おこげさん(@okogechan1221)がシェアした投稿

1958年に甚大な被害をもたらした狩野川台風に匹敵する勢力や進路の、台風19号。

もしも、関東地方や東海地方に直撃となった場合には、どのような被害がでてしまうのか、「被害予測」が出ていました。

 

もしも台風19号が直撃し、最悪の事態が起きてしまった場合には、「死者8000人」、そして「被害総額は115兆円」、東京都の23区の3割は浸水被害にあってしまう可能性もあると、専門家は指摘しています。

これは、2018年6月に土木学会が発表した報告書の中にあったもので、東京湾で巨大高潮が発生した場合の被害想定なのだそう。

 

今回、台風19号が関東地方に最も接近する時間帯は、ちょうど満潮の時間帯であるとの情報もあり、想定通り「巨大高潮」が発生してしまう可能性も高いとされています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#やべぇ#台風19号 #箱根 #かや香

Yukihiro Fujitaさん(@yukihirofujita)がシェアした投稿 –

巨大高潮で起こる浸水の深さは、最大で10メートルとなっており、建物の3階にいても危険な深さ。

江戸川区、墨田区、葛飾区、江東区などに至っては、1週間以上浸水が続く地域もあるというニュースもあり、オフィス街などが浸水した場合には、都市機能が大規模なマヒを起こす可能性があるといいます。

 

狩野川台風時に氾濫を起こした、「現在の狩野川」も水の量が増し、危険な状態になってきています。

 

狩野川周辺に住む人だけでなく、東京都にいる人々にも大きな被害を与えた狩野川台風。

今回の台風19号の様子を見て、狩野川台風を思い出す人も。

現在もかなり危険な状態にあるようです。

 

 

 

 

 スポンサーリンク


最後に

人的被害も、住宅被害も甚大なものだった狩野川台風。

当時の人々は、台風のあとも復旧するまで大変な思いをされたことでしょう。

2019年10月12日の台風19号の被害が広がらないことを祈るばかりです。

error: Content is protected !!