ドラマ

【ドラマM】天馬あゆみのモデルは原田真由美!鬼トレーナーキャラに本人もご立腹!?

【ドラマM】天馬あゆみのモデルは原田真由美!鬼トレーナーキャラに本人もご立腹!?

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の二話であゆのトレーナーをしていて、キャラの凄さから話題になった天馬あゆみ。

天馬あゆみのモデルは、原田真由美さんといわれています。

ドラマの中ではスパルタ過ぎる天馬まゆみのキャラに、ご本人がご立腹しているとの噂も。

天馬あゆみのモデルとなった原田真由美さんはどんな人物なのでしょうか。

 



【ドラマM】天馬あゆみのモデルは原田真由美!

 

この投稿をInstagramで見る

 

水野美紀公式インスタグラム(@mikimizuno_official)がシェアした投稿


ドラマ「M 愛すべき人がいて」の鬼トレーナーの天馬あゆみさんのモデルは、ニューヨークに在住している原田真由美さんです。

原田まゆみさんは、20年ほど前に、TRFのYukiさんや安室奈美恵さん、浜崎あゆみさんなどの、エイベックスの未来のスターを育成するボイストレーナーとして仕事をしていたそうです。

 

本業は、サイキックカウンセラーだそうで、初出版の「自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本」は、オノ・ヨーコさんや安野モヨコさんなどが推薦文を書かれていて、75万部のベストセラーとなっています。

その中でも、浜崎あゆみさんは3番目の教え子で、つきっきりでの練習をしていたといいます。

 

実際の原田真由美さんはもっと優しい!?どんなトレーナー?

 

この投稿をInstagramで見る

 

水野美紀公式インスタグラム(@mikimizuno_official)がシェアした投稿


ドラマの中での天馬あゆみは・・・

  • 「今度『え?』って言ったら燃やすよ?」
  • 「今度、疲れた、もうやりたくない、って顔をしたら、スタジオを追い出すわよ。」

などといった厳しい言葉を投げかける厳しいトレーナーでした。

 

ちなみに原作でも「まゆみ」は、「今度、疲れた、もうやりたくない、って顔をしたら、スタジオを追い出すわよ。」との言葉を投げかけています。

 

モデルとなった原田真由美さんは、実際はもっと優しい方だそうで、自身のブログでも「私、そんな喋り方しないし、そんな事しな〜い!!」とスパルタ疑惑を払拭しました。

たしかにあんな厳しいトレーナーがいたら、みんな逃げ出しちゃいそうですよね。

 

天馬あゆみのキャラクターに対するみんなの声は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

yasuko(@momokuma0211)がシェアした投稿


天馬あゆみのキャラクターに対する、Twitterでのみんなの声をみていきましょう。

 

水野美紀さんの演技や、天馬あゆみのキャラに対して、絶賛するような声が多かったです。

 

 スポンサーリンク


【ドラマM】天馬あゆみの見た目モデルはジャニスジョップリン

 

この投稿をInstagramで見る

 

mami(@mami.pinkberry)がシェアした投稿


ドラマでは、天馬あゆみ役を水野美紀さんが演じています。

水野美紀さんは、この役をもらった時に「ビジュアルイメージは、ジャニスジョップリンが浮かびました。」と発言しています。

 

ジャニスジョップリンとは、1960年代後半の著名女性ロックシンガーで、優れた歌唱力と個性的な歌声を持ち、27歳という若さで亡くなってしまった方です。

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/

 

たしかに、似ている気がします。

天馬あゆみの頭に羽を載せているのは、このジャニスチャップリンのイメージからヒントを得たものなのですね。

 

天馬あゆみのビジュアルに関するみんなの声は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

rino(@srm__yyy__love)がシェアした投稿


天馬あゆみさんのビジュアルに関する、Twitterでのみんなの声を見ていきましょう。

 

やはりあの狂気じみたキャラに衝撃を受けた方は、多かったようですね。

 

 スポンサーリンク


【ドラマM】天馬あゆみを演じる水野美紀が参考にしたは「セッション」

 

この投稿をInstagramで見る

 

I L A R Y 🌹 イラリー(@onigirirunway)がシェアした投稿


天馬あゆみ役を演じる水野美紀さんは、映画「セッション」の鬼コーチのエッセンスも役作りに取り入れたと語っています。

天馬あゆみを演じる上では、「圧をかける事」を意識していたそうで、作品を盛り上げる為に思い切りやったとも話しています。

 

水野美紀さんが参考にした映画「セッション」とは、2014年に放映したアメリカの映画で、第87回アカデミー賞で5部門も受賞しています。

映画は、19歳のアンドリュー・ニーマンが偉大なジャズドラマーになるために、人格否定や侮辱を含めた罵声や怒号も厭わない狂気の鬼指導者テレンス・フレッチャーにレッスンを教わるというもの。

その鬼指導者であるテレンス・フレッチャーを参考にしたようですね。

 

 スポンサーリンク


【ドラマM】天馬あゆみのモデル原田真由美はキャラ設定に怒っていた?

 

この投稿をInstagramで見る

 

💕るり💕(@ruri_0222_06)がシェアした投稿


見た目のインパクトも強く、鬼コーチの天馬あゆみに対し、原田真由美さんが怒っていたという話がありました。

 

原田真由美さんが、自身のブログで以下のように語っていました。

私の名前のキャラが、すごい鬼コーチで、酷いんです〜!

こんなコーチ、いるかよ。。。って感じの。

私は、今でもボーカル・コーチをやっていますので、

チョットこれ、私だと思われたら困る〜!って超焦りました。笑

「こんなこと書いたら、まゆみさんに迷惑がかかる」

とか、そういう事は、一切考慮されなかったんだ。。。ということに愕然。

引用:原田真裕美の自己紹介

 

怒っているというよりも、「かなりショックを受けている」ようで「毒をもられた気分」とも書かれています。

このイメージを払拭するためか、J-POPボーカル・レッスン、ポップ・サウンドに必要なテクニックを全て教える、ボイトレレッスンを開始することにしたそうです。

 

この事に対して、原田真由美さんは「Ayuに「やる気」出させてもらったってことかな。」とも語っていることから、本気で怒っているという事ではなさそうです。

 

 スポンサーリンク

まとめ:【ドラマM】天馬あゆみのモデルは原田真由美!鬼トレーナーキャラに本人もご立腹!?

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の天馬あゆみのモデルは、原田真由美さんでした。

強烈なキャラクターに、原田真由美さんはショックを受けているようでしたが、前向きに捉え、ボイトレのレッスンを開始しています。

これから頑張っていただきたいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。