ミュージシャン

平川美香はHY仲宗根泉のいとこ!おじさん姿が面白い!歌がうまいのは遺伝?

平川美香はHY仲宗根泉のいとこ!おじさん姿が面白い!歌がうまいのは遺伝?

HYの仲宗根泉さんのいとことして知られる、平川美香さん。

歌唱力も高く、トーク力も抜群と言われる平川美香さんの素の姿や、面白い!と話題のおじさん姿に迫ります。

 



平川美香はHY仲宗根泉のいとこ!ユニットを組んで活動も

 

この投稿をInstagramで見る

 

平川美香(@mikabu5919)がシェアした投稿

HYの紅一点、仲宗根泉さんのいとことして知られる、平川美香さん。

中学生の頃から、仲宗根泉さんとユニット「first」を組み、ミュージシャンとして活動を続けてきました。

  • 名前:平川美香(ひらかわみか)
  • 誕生日:1984年1月9日
  • 星座:やぎ座
  • 出身地:沖縄県うるま市
  • 血液型:A
  • 所属事務所:サンミュージック

2014年9月には、平川美香さんがボーカル、津嘉山たいきさんがギターという2人組バンド「BIG HEART」を結成。

ですが、2年後BIG HEARTの活動は停止し、以降ソロとして音楽活動を続けることに。

 

20219年9月に放送された「今夜くらべてみました」に出演した際には、

「フェスでいとこの仲宗根泉によく間違われる」

といったエピソードも披露。

仲宗根泉さんに会えたかと勘違いして「ずっと会いたかったんです」と号泣されたこともあったのだとか。

 

いとこである上に、平川美香さんも仲宗根泉さんも歌がうまいこともあり、あまり知らない人からは間違われてしまうほどに、似ているようですね。

 

ちなみに、仲宗根泉さんと平川美香さんがどれだけ似ているかを画像でみてみると・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

平川美香(@mikabu5919)がシェアした投稿

確かに、雰囲気も体型もよく似ています。

今夜くらべてみましたの番組MC徳井義実さんも「姉妹くらい似ているよね」と発言。

 

いーずーとみーかーというタイトルで動画もありました。

動画でみるとますます似ています。

 

平川美香は教員になるも歌手の夢を再び追う

いとこの仲宗根泉さんと高校卒業時まで一緒に音楽活動をしていたという平川美香さん。

沖縄県にある高校を卒業後、教員になるために岡山県にある大学に進学。

その後、晴れて教員となり、高校で福祉関連の学科を専門に教えていたとのことでした。

 

ですが、数年間教師として働くも、やはり歌手になる夢が諦められず、2017年27歳の時に教師を辞め、夢を再び追いかけ始めます

平川美香さんの代表的な曲である「ダイナミック琉球」。

パワフルな歌声に圧倒されます。

この平川美香さんの歌声の裏には、並々ならぬ努力や苦悩が隠されていました。

その点については記事の後半で、まとめています。

 

 スポンサーリンク


平川美香のおじさん姿が面白い!

平川美香さんといえば、「おじさん姿」

平川美香さんがおじさん姿の別キャラクター「平川のおじさん」になるYouTubeチャンネルは人気上々。

「歌って踊って食べて飲む、平川のおっちゃんねる」として動画投稿を続けています。

これがまた面白くて、なかなかハマってしまうんです。

 

平川美香さんは歌もうまいのですが、「トーク力」も抜群と言われており、そのトークを感じることができるのが、この「平川のおじさん」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

平川美香(@mikabu5919)がシェアした投稿

画像をみているだけで笑いがこみ上げてくる感じですね。

おじさんの特徴をとてもよく捉えていて、観察力もずば抜けていることがわかります。

 

いとこ仲宗根泉さんの所属するHYの歌も熱唱します。

見た目はおじさんですが、歌声は本物!

 

平川美香のもう1つの顔「レディブブ」

実は平川美香さんは、「平川のおじさん」の他に、もう1つ「レディブブ」というキャラクターがあります。

おじさん姿に対して、レディブブは少しセクシーな格好をしてパフォーマンスをするキャラクター。

平川美香さん、面白すぎですよ。

レディブブって、もしかして、あの世界的に有名なアーティスト・レディ〇〇の名前から取ったのでしょうか。

歌もうまいですが、体のキレも素晴らしくて、その才能にハマってしまいます。

 

平川美香さんは、この3つのキャラクターでお仕事をすることについて以下のように語っていました。

今、お仕事をいただくスタイルとしては、8割がおじさんスタイルで、素顔の平川美香が1割、あと1割が(セクシー系の格好でパフォーマンスをする)レディブブというキャラクターという感じです。

引用:Yahooニュース

個人的には、どのキャラクターももっといっぱい見たいです!

 



平川美香の歌がうまいのは遺伝?夢を諦められず上京

平川美香さんがこんなにも歌がうまいのはやはり遺伝なのでしょうか。

平川美香さんの代表曲はいくつかありますが、以下の「想い歌」もとても素晴らしい曲です。

 

平川のおじさん姿で、「三線の花」も熱唱。

うますぎです、この歌声で歌わないのはもったいなさすぎるほどにうまいです。

動画を見ると、ファンから「あなたは歌わなければならない人だ」と言われるのも納得します。

 

ちなみに、いとこ同士である仲宗根泉さんの歌声がこちら。

仲宗根泉さんが歌うHYのバラード曲「昔の人よ」です。

透き通るような声が、本当に素晴らしいですね。

 

平川美香さんと仲宗根泉さんは血縁関係にあることから、遺伝的に歌がうまい家系なのかもしれませんね。

もともと音楽が大好きだったということなので、「好き」という気持ちも歌唱力に大きく影響しているのではないでしょうか。

 

平川美香さんは、一度は歌を諦め高校の教師になりました。

生徒さんへは「夢を追いかけることは大切だよ」と語る一方で、自分は実現できていない歯痒さをいつも感じていたそう。

一時期は大好きだった歌番組を見るだけで吐いてしまうほどに追い詰められていたそうです。

 

自分の中の葛藤と向き合う中で、再び気づいた「歌が大好き」という想い。

やっぱり歌いたい!という気持ちを持てるようになった平川美香さんは、27歳で歌手を目指して上京しました。

 

平川美香の歌手人生を支えた友人からの言葉

大きな葛藤を乗り越え、再度歌手を目指し状況した平川美香さん。

ですが、その後の道のりも平坦ではなかったそう。

 

先にデビューしているいとこの仲宗根さんの名前を借りて「HYのいとこ」として売り出したいという話が結果的に流れ、デビューできなくなってしまったり・・・

「おじさん姿」で歌うことに2〜3年批判が続いたり、押しつぶされそうになる出来事ばかりだったといいます。

 

「もう歌手になるのは止めよう」と、思っていたその時、友人からの電話で、平川美香さんは再び決意を新たにすることができたといいます。

そんな中、たまたま、沖縄にいる友達から電話がかかってきたんです。「美香の歌を聞いたら頑張れるから、電話越しでいいから歌って」と。

 その子は脳梗塞で倒れて、言葉も不自由になってしまったんです。リハビリを頑張って、一生懸命振り絞った言葉が「歌って」。電話口で泣きながら歌いました。

 直前に自分を否定されたところから、自分をこの上なく求められた。その電話がなかったら、確実に、もう歌はやってなかったと思います。

引用:Yahooニュース

自分の歌を求めてくれる人が、たった1人でもいる、と感じた平川美香さん。

この時の友人の電話がなかったら、もうこの素晴らしい歌声が聞けなかったのかもと思うと、本当に奇跡的です。

 

平川美香さんの真っ直ぐな人柄が、素晴らしい歌声からひしひしと伝わってきて、聴いた方はみんなファンになってしまうのではないでしょうか。

現在は歌手になられましたが、こんな素敵な先生に教えてもらえてた生徒さんが羨ましいですね。

 

 スポンサーリンク


まとめ:平川美香はHY仲宗根泉のいとこ!おじさん姿が面白い!歌がうまいのは遺伝?

HYの仲宗根泉さんのいとことして知られる平川美香さん。

一度は諦めた歌手になる夢を叶え、現在は毎日とても楽しそうに活動していますが、過去には何度も挫折を味わったといいます。

それでも歌が好きという真っ直ぐな想いで歌う声は、聴いた人の心にすっと入りいろいろな物を洗い流してくれるかのよう。

平川のおじさんとしての活動も楽しみにしています。

 

error: Content is protected !!