女優

山本美月の演技力は!?上手いor下手?パーフェクトワールドで賛否両論!

山本美月の演技力は上手い?下手?パーフェクトワールドで賛否両論
山本美月の演技力は上手い?下手?パーフェクトワールドで賛否両論

山本美月さんの演技力について、「上手い」という意見や「下手」という意見など、ネット上では様々な意見が飛び交っています。

可愛いルックスとキャラクターで大人気の若手女優である山本美月さん。

2019年の山本美月さんの最新の演技力が分かるドラマ「パーフェクトワールド」での評価や評判などもご紹介しながら、山本美月さんの演技力について迫ってみたいと思います。

 

[originalsc]

 

 

 

 



山本美月の演技力は!?上手い?下手?ネットやSNSで賛否両論

 

この投稿をInstagramで見る

 

@moon__nina_0がシェアした投稿

2019年の4月から、ドラマ「パーフェクトワールド」に出演している山本美月さん。

このパーフェクトワールドでの山本美月さんの演技が「上手い」という人や「下手すぎる」という人など、ネットやSNS上で意見が大きく分かれています。

実際のところ、山本美月さんの演技力はどうなのでしょうか?

まずはネットやSNSでささやかれている、山本美月さんの演技力についての意見を見てみましょう。

 

 

山本美月の演技が上手いという意見

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIZUKI YAMAMOTO(@mizuki_yamamoto_official)がシェアした投稿

まずは、山本美月さんの演技を「上手い!」と高評価をしている意見から。

なかなか高評価な意見が出ています。

ドラマ「パーフェクトワールド」で、山本美月さんの演技を初めて見たという人も多く、「演技が上手いな~」と驚いている声が多かったですね。

 

山本美月さんの迫真の演技に、思わず泣いてしまった・・・という人も結構います。

ドラマでの役どころと、山本美月さんが上手くマッチしているというのもあるのかもしれません。

また、相手役の松坂桃李さんも、かなりの実力派俳優さんであるので、相乗効果もかなりあるかと思います。

 

一口に「上手い!」とは言いがたくとも、「いい演技」と評価している人も。

なるほど、そういった見方もあるのですね。

上手いの意見の合間に交じって時々ささやかれてるのが、「すごい上手っていうわけではないけど、役にマッチしている」という意見。

山本美月さんの「演技が上手い」とささやかれるゆえんの1つには、パーフェクトワールドのキャスティングが絶妙だった!という理由もあるようです。

 

 

山本美月の演技が下手だという意見

 

この投稿をInstagramで見る

 

‘ (@casad_angela)がシェアした投稿

今度は反対に、山本美月さんの演技がイマイチだという評価をしている人の声を見てみましょう。

山本美月さんの泣くところの演技についての意見は割とありますね。

演技が下手だと感じている人にとっては、ストーリーがどんなに感動的でも、「泣くに泣けない・・・」といっている人は多かったです。

 

また、周りの俳優さん達が、上手すぎて、まだまだ若手で演技の世界に入りたての山本美月さんの演技力では、どうしても見劣りしてしまうというような見方の人もいました。

 

演技は下手だけど、まだましなほうだという意見も。

 

ドラマのストーリーに集中したい視聴者さんにとっては、山本美月さんの演技力が気になってしまって、楽しめなかったと感じている人もいるようです。

思いっきりストーリーの世界に入り込むには、役者さんたちの演技力も作品にはかなり大事な要素であるということですね。

 

山本美月さんの演技は下手だけど、でも続きが気になるから早くみたい!という人も。

 

このパーフェクトワールドというストーリーの原作を知っていて、作品のファンの人からしたら、思い入れのあるシーンの演技が気になったようです。

原作を知っている人は、頭の中などでシーンに対して、いろんな思い入れを持っているので、その想像を越せない演技だと・・・なかなか不評なものになってしまうようです。

 

 

 

 スポンサーリンク

山本美月の最新の演技力をまとめると?上手いor下手?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山本美月スタッフ公式インスタ【official】(@mizuki_staff)がシェアした投稿

2019年は、ドラマ「パーフェクトワールド」に出演した山本美月さん。

パーフェクトワールドは、「事故により車いす生活になってしまった、鮎川樹(松坂桃李)と、鮎川が初恋の相手だったという川名つぐみ(山本美月)が久しぶりに再会」したことから始まるラブストーリーです。

ラブストーリーなので、なかなか複雑な心境を思い描く繊細なシーンも多いドラマ。

ただ単に、「惚れた」「離れた」というだけのラブストーリーになってしまわないように、俳優陣の演技力にも注目が集まります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

山本美月スタッフ公式インスタ【official】(@mizuki_staff)がシェアした投稿

その中で、ヒロイン役を演じる山本美月さんの演技力を、ネット上のさまざまな意見から統括すると・・・

  1. 相手役の松坂桃李さんの演技力が高すぎるのが、「山本美月さんの演技が下手に見えてしまう原因でもある」という説。
  2. ドラマのキャスティングがマッチしていると感じる人からは、「山本美月さんの演技が上手いという感想を持つ傾向がある」
  3. 山本美月さんの過去の作品の演技から比べると「演技が上手くなった」という意見も多い。
  4. 演技力はさほど高評価ではないものの、ドラマ自体が面白いから好きという人も多い。

と、いうような感じになっていて、「周りの俳優陣の演技力」と比べてみてしまう人にとっては「演技が下手」

過去から山本美月さんの演技の移り変わりを見ている人にとっては「演技は上手くなってきている」という風に、見る人の視点や思い入れなどによって、意見はどうしても分かれてしまうようですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

山本美月スタッフ公式インスタ【official】(@mizuki_staff)がシェアした投稿

山本美月さんという人自体に好意を抱いている人にとっては、評価は良くなって当然といったら当然なのですが。

と、いうわけで、一概に「演技が上手い!」「演技は下手」など、白黒つけるのは難しいですが、「見るに堪えない」「へたくそすぎる!」という意見はありませんし、若手の女優さんらしく発展途上にあるといっていいかと思います。

 

 

 

 スポンサーリンク

山本美月は演技賞を受賞したことがあるって本当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山本美月スタッフ公式インスタ【official】(@mizuki_staff)がシェアした投稿

山本美月さんの演技について賛否両論がありますが、過去の山本美月さんの受賞歴などはどうなんでしょうか?

山本美月さんが、2009年の高校3年生の時に、「第一回東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを受賞

それがきっかけで、「CamCam」の専属モデルになったのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@mnd.reiがシェアした投稿

演技については、2011年に香取慎吾さんが主演したドラマ「幸せになろうよ」で女優デビューを果たし、翌年の2012年には「桐島、部活やめるってよ」で映画デビュー。

この「桐島、部活やめるってよ」という映画は、かなりの高評価を得た映画で、「第36回日本アカデミー賞」の「最優秀作品賞」をはじめ、数々の賞を受賞しました

山本美月さん自身が何かを受賞したりはありませんでしたが、この映画への出演をきっかけに大ブレイクとなりました。

その後も数々の作品に出演した山本美月さん、現在もなお、作品数と共に徐々に演技力を身に着けていっている途中にあると思われます。

 

 

 スポンサーリンク

まとめ:山本美月の演技力は上手い&下手を超えた魅力がある

ドラマ「パーフェクトワールド」での山本美月さんの演技力は、賛否両論でしたが、共演者さんの演技力やストーリー自体の面白さに夢中になる視聴者さんも多く、放送回を重ねるごとに、魅力や演技力を身に着け発揮していっているようです。

実は山本美月さんが過去に出演した作品の中でも、演技が高評価だった作品はあり、「64ロクヨン」というドラマでは、清楚な美人で正義感あふれる婦警役が人気でした。

また、「刑事ゆがみ」に出演した際には、声を発することのない難しい役どころだったハッカーのヒズミ役が高評価だったといいます。

 

セリフなく、感情を表現することはなかなか難しいことだと思いますが、最終回まで高い評価で演じ続けました。

演技はセリフ回しが上手下手だけで評価できるものではありません。

山本美月さんにしかできない空気感や、表情というものが必ずあり、そこに視聴者が魅力を感じていることには間違いはありません。

 

今回、山本美月さんの最新作であるドラマ「パーフェクトワールド」では、演技について意見が分かれましたが、まだまだ若く、たくさんの作品に出演できるチャンスもありますので、お仕事を重ねつつ、女優さんとしてもさらに演技力に磨きがかかることが期待できます。

今後もドラマや映画などで、新しい山本美月さんの魅力を発見できるのを楽しみにしています!