声優

【画像】日髙のり子の若い頃はアイドル!声優になる前の苦労も調査!

【画像】日髙のり子の若い頃はアイドル!声優になる前の苦労も調査

一世を風靡した大人気アニメ「タッチ」浅倉南役を演じている声優、日髙のり子さん

若い頃は、実はアイドルだったことで知られています。

  • 日髙のり子さんの若い頃はどんな感じだったのか?
  • アイドル時代の体を張った苦労話とは?

など、日髙のり子さんの若い頃について情報を調査しまとめました。

 



日髙のり子の若い頃はアイドル!画像をチェック

日髙のり子の若い頃はアイドル!画像をチェック引用:https://00m.in/JkSpl

アニメ「タッチ」の浅倉南役で知られる日髙のり子さんは、声優になる前はアイドルをしていたそう。

 

芸能界には子役としてデビュー

日髙のり子さんは子供の頃から女優志望だったそうで、高校生時代にはアニメ「ふたごのモンチッチ」の主題歌「ふた子のモンチッチのうた」を担当したこともあったそう。

 

1980年には、「初恋サンシャイン」という曲でアイドルデビュー。

日髙のり子の若い頃はアイドル!画像をチェック引用:https://00m.in/JkSpl

香川県で行われた「任尾太陽博」のキャンペーンガールを務めたりと活動し、ある程度知名度はあげたものの、アイドルとしてはイマイチで人気が失速していったといいます。

 

そんな日髙のり子さんの若い頃、アイドル時代の他の画像がこちら。

日髙のり子の若い頃はアイドル!画像をチェック画像2引用:https://00m.in/JkSpl
日髙のり子の若い頃はアイドル!画像をチェック画像3引用:https://00m.in/JkSpl
日髙のり子の若い頃はアイドル!画像をチェック画像4引用:https://00m.in/JkSpl

アイドルとしていくつか歌も出しましたが、売れ行きもイマイチだったそう。

とても可愛らしい顔をしていたのに、なぜだったのでしょうか。

 

 スポンサーリンク


日髙のり子の若い頃は苦労の連続だった!

日髙のり子の若い頃は苦労の連続だった!引用:https://00m.in/JkSpl

アイドルとしてデビューしたものの、日髙のり子さんはイマイチ人気があがらず低迷が続きました。

そんな日髙のり子さんの様子を見たご両親が先を心配し、アイドルデビューしてから4年後の1984年頃には、「就職をしては」と芸能界引退を勧められたといいます。

仕事といえば、ダチョウ俱楽部ばりの体を張った仕事ばかりだったそう。

 

日髙のり子の若い頃は苦労の連続だった!引用:https://00m.in/JkSpl

アイドル時代にどんな仕事を送っていたかというと・・・

そのアイドル時代になんと『熊と一緒に温泉に入る』という、芸人顔負けな体当たりなロケをしました。

恐る恐る入浴した時に、熊が突然日髙さんの髪の毛に噛み付くアクシデントが発生!

なんと、「熊と一緒に温泉に入る」という、今では考えられないような過酷なロケをおこなっていたようです。

仕事とはいえ、かなり怖かったに違いありません。

 

温泉にそーっと入ったにも関わらず、気づかれてしまい、髪の毛にかみつかれてしまったといいます。

本格的に襲われる前に逃げ出した日髙のり子さんは、ディレクターに文句をいったそうですが・・・

ディレクターには、「自分が入って大丈夫ならもう1回入って」と言われ、ディレクター自身も熊のいる温泉に入ってみることに。

ところが、強気な発言をしていたディレクターも「熊に腕をかみつかれる」という事態が発生。

 

アイドルとして名前を売るためとはいえ、命の危険があるのはやはり少し無理がありますよね。

 

日高のり子が声優になったきっかけとは?

日高のり子が声優になったきっかけとは?引用:https://00m.in/JkSpl

アイドルとして低迷していた日高のり子さんですが、ある時転機が訪れます。

それは担当していたラジオ番組に寄せられたリスナーの投稿

 

そこには

声に特徴があるので声優に向いているのでは

と、書かれており、この投稿がきっかけで「声優」の仕事を意識するようになっていったといいます。

 

この時、リスナーからこのような投稿がなければ、今の日高のり子さんはいなかったかもしれませんね。

声優としてのデビューは、アニメ超時空騎団サザンクロス(ムジカ・ノヴァ役)

そしてその後、日高のり子さんの名を一気に広めるきっかけとなった、「タッチ」に浅倉南役として出演したのです。

 



まとめ:【画像】日高のり子の若い頃はアイドル!声優になる前の苦労も調査!

一世を風靡したアニメ「タッチ」の浅倉南役として知られる日髙のり子さん。

声優として有名な作品にも多数出演していますが、若い頃はあまり売れないアイドルだったとは、驚きです。

リスナーからの投稿がきっかけで「声優の道」に気づいた日髙のり子さん。

ピンチをチャンスに変え、声優として歩き出したからこそ、今の日髙のり子さんがあるのですね。

今後のさらなるご活躍も期待しています。

 

error: Content is protected !!