モデル

紗栄子の息子はイートン校へ留学する?学費や制服・決めた理由とは?

紗栄子の息子はイートン校に留学?
紗栄子の息子はイートン校に留学?

2019年10月7日に、モデルの紗栄子さんが、2人の息子をイギリスの学校へ留学させた理由を、自身のインスタグラムで説明したというニュースがありました。

紗栄子さんには息子が2人いて、現在は紗栄子さんと共に、イギリスに住みながら現地の学校に通っているといいます。

紗栄子さんの息子が通う学校はどこなのか?そしてどんな学校なのか?以前お付き合いしていたZOZOタウンの前澤前社長と別れてまで息子を留学させたかった理由とは何なのか?まとめてみました。

 

[originalsc]

 

 

 

 



紗栄子の息子はイートン校へ留学する?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿

モデルの紗栄子さんにいる2人の息子。

2008年3月24日生まれの長男「連(れん)くん」そして、2010年2月26日生まれの次男「塁(るい)くん」の2人です。

2019年10月の時点で2人は、11歳と9歳となります。

息子2人の父親は以前紗栄子さんが結婚していた、野球選手のダルビッシュ有選手

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿

その2人は今、イギリスの名門小学校に入学しているといいます。

その学校はどこなのか?という様々な憶測が飛び交っていますが、紗栄子さんが発言した情報や、メディアがキャッチしてきた情報をまとめると、どうやらイギリスにある「イートン校」のことではないかという話もありました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿

ところが、イートン校は13歳~18歳の子供たちが通うシニアスクールの為、まだ11歳と9歳の息子さんは入れません。

ではいったいどこなのか?

その事実をたしかめるべく調べを進めてみると、以下のような情報がありました。

2017年の8月24日に発売された女性セブン31日号によると「紗栄子の2人の子供たちはイギリスの超名門校に合格した」との話が書いてありました。

 

 

[originalsc]

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿

記事中には「ウィリアム王子やヘンリー王子も通った学校」との情報の記載もありました。

このことから、その時に合格した学校は、イートン校ではなく、「ルドグローブ校」ではないかということです。

ルドグローブ校は、イギリスでトップクラスの「イートン校」「ハーロー校」といったパブリックスクールに多数の生徒を送り出すという「名門私立寄宿校」なのです。

イギリスでは「名門私立小学校」に入学する子供たちの多くが、「パブリックスクール」へ進学を目指すといいます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿

つまり整理すると、紗栄子さんの息子2人は、名門校の「イートン校」への進学を目指すために、2年前の2017年に「ルドグローブ校」への受験をしたのではないかということになります。

2019年の10月7日にインスタグラムにはじめて息子たちをイギリスの学校へ留学させた理由について述べましたが、ちょうどその日は次男の次に進む学校の「寮の見学会」だったのだそう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Risa🌸さん(@risachanv)がシェアした投稿

次男の塁くんは、9歳で日本でいう小学5年生に当たる年齢ですが、イギリスではロースクール卒業4年前の早い時期から、次の学校の見学会や受験準備が始まるのだといいます。

長男の連君も今年は11歳。イギリスでは、13歳から次の「シニアスクールへの入学(日本でいう中学高校)」がはじまるとあって、すでに目指すべき学校は決まっており、準備の真っ最中ではないでしょうか。

 

 

 

 スポンサーリンク

紗栄子の息子はイートン校へ留学する?学費はいくらぐらい?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ichiroさん(@ichiro.image)がシェアした投稿

紗栄子さんの息子が入学を目指している学校は「イートン校」ではないかという話がありますが、実際のところ超名門といわれるイートン校の学費はどれくらいなのでしょうか?

調べてみると、イートン校の年間の学費は「3万ポンド(日本円で約430万円)」程と言われています。

紗栄子さん自身もお仕事をしておりたくさん稼いでいますが、息子2人の養育費として息子の父親であるダルビッシュ有選手からは、毎月200万円のお金を受け取っているのだそう。

この金額を考えると、学費や留学にかかる生活費の面は心配しなくても充分に用意できているのではないでしょうか。

 

 

 

 スポンサーリンク

紗栄子の息子はイートン校へ留学する?どんな制服?

 

この投稿をInstagramで見る

 

翠。さん(@sui.1126)がシェアした投稿

イギリスのパブリックスクールであるイートン校は、他のパブリックスクールと同じように全寮制の学校となっています。

イートン校は「男子校」であることと、「燕尾服の制服」でも知られています。

イメージとしては、ハリーポッターの学校にとてもよく似ています。

黒の燕尾服に、ベスト、ピンストライプのズボンにタイという伝統的なスタイルです。

ちなみにこの制服のお値段は「700ポンド(日本円にして10万円程度)」なのだそう。

ですが、入学する際に皆がみな新しく購入するわけではなく、卒業して着なくなった先輩から代々受け継いで着ている人が多いのだそう。

そのことから、制服についてもそれほど準備資金がいるというわけではなさそうです。

 

 

 

 スポンサーリンク

紗栄子が息子をイートン校のあるイギリスへ留学させた理由とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿

紗栄子さんが以前お付き合いしていたZOZOタウンの前澤前社長と別れてまで、息子たちをイギリスに留学させたかった理由とはなんだったのでしょうか?

ちまたでは、「息子をエリートにしたかったから」とかいろいろ言われてしまう紗栄子さんですが、その裏側には、紗栄子さんの息子さん達に対する深い愛情を感じる理由がありました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿

紗栄子さんが更新したインスタグラムによると

「日本では私の仕事柄、子供達には不自由な生活を強いてしまっていたから、彼らの大切な幼少期を伸び伸びと健やかに、自分に自信を持って成長していってほしいという思いから当時もイギリス行きを決めました。」

「私が子供の時よりももっと早いスピードで社会ではグローバル化が進んでいて、子供達はこれまでの常識や価値観の中で生きるのではなく、自分の人生を自分の力で開拓していかなければならないし、どんな人生を歩みたいのか、それを実現するためにどう行動すべきなのか、その答えを得るための考える力を身につけること、そして自分の強みを知って自分らしい人生を生きていってほしいというのが親としての私の願いです。」

引用:インスタグラム

と綴っていました。

紗栄子さんが息子さんたちの将来を深く考えた結果というわけです。

そこには、「移り変わりや流れの早い現代の中で、子供たちが困らずに自分の力で生きる道を見つけ、自ら開拓していける力をつけていって欲しい」という親としての強い思いがあるからだったのですね。

2019年9月の台風で被害を受けた千葉へいち早く支援に動いたり、ボランティア活動にも力を入れてきた紗栄子さん。

自身も、女優業の傍ら、早稲田大学の通信講座で卒業を取得するなど、常に前向きで熱心な姿勢が、子育てにもとてもよく出ているのだと思います。

 

 

 

 スポンサーリンク

最後に

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿

生まれ持った美貌や才能で、一見派手に見えるからか、何かと叩かれてしまいがちな紗栄子さんですが、内面は何事にも熱心で優しい心を持った素晴らしい人。

世間からは言われもない言葉をぶつけられてしまうことも多かったと思いますが、誹謗中傷にも負けず、堂々と息子さん達を育て上げると決意し奮闘する姿には、同じ人としても、とても共感する部分があります。

忙しい女優業の傍ら、イギリスと日本とをいったりきたりする生活は、想像以上に大変なものだと思いますが、今後も紗栄子さんらしく、頑張っていって欲しいと思います!