女優

沢尻エリカVS門脇麦!不仲の理由や原因は?撮影現場で一触即発の険悪ムード?

沢尻エリカと門脇麦に不仲説?原因や理由とは?
沢尻エリカと門脇麦に不仲説?原因や理由とは?

2019年放送のNHK大河ドラマ「いだてん」の次に放送予定の「麒麟がくる」

NHK関係者も期待を寄せるこの作品に出演が決まっている沢尻エリカさんと門脇麦さんに、不仲説が浮上しています。

大河ドラマ「麒麟がくる」は、すでに来年2020年の放送に向けて撮影が始まっているようですが、その撮影現場では2人の間に険悪なムードが漂い、現場のスタッフも緊張状態にあるという話です。

沢尻エリカさんと門脇麦さんに何があったのか?不仲になっている原因や理由は何なのか?その真実について調査してみました!

 

[originalsc]

 

 

 

 

 



沢尻エリカと門脇麦が不仲?大河の撮影現場で険悪ムード?

 

この投稿をInstagramで見る

 

suitou_nakatsukaさん(@suitou)がシェアした投稿

2020年に放送予定の大河ドラマ「麒麟がくる」の看板女優として期待を寄せられているのが、女優の沢尻エリカさんと門脇麦さん。

2019年の秋10月の時点で、すでに放送に向けて撮影は始まっているのようですが、その撮影現場はいま緊張状態にあるという話が流れています。

というのも、2大看板女優である沢尻エリカさんと門脇麦さんの間が一触即発状態にあるというのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

沢尻エリカ ♡♡˚L৹⌵ೕ‥さん(@erika.s__fan)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

【ファンアカウント】門脇麦 mugi kadowakiさん(@mugi_kadowaki_fan)がシェアした投稿

その現場の様子を知る芸能プロダクションの関係者の方の話によると、

「実際に同ドラマでは、主演の明智光秀(長谷川博己)を巡って“美濃の蝮”こと斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)を演じる沢尻と、京都の戦災孤児となった駒(門脇)の2人が、恋の火花を散らすライバルという設定です。

役柄が2人に乗り移ってしまったわけではないでしょうが、2人は他の出演者とは普通に話すのに、なぜか絶対に会話を交わさず、目も合わせようとしないんです」

引用:日刊ゲンダイ

とのこと。

もともと、2人の演じる役柄が「恋敵」という設定でもあるようです。

 

 

沢尻エリカと門脇麦の不仲を裏付ける行動とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

沢尻エリカさん(@erika.sawajiri.erika)がシェアした投稿

沢尻エリカさんと門脇麦さんが一触即発の状態になっているということを裏付ける行動は、撮影現場にいるスタッフの話からも伺い知ることができます。

「互いがピンで撮影するシーンを見に来るんですが、沢尻は門脇の演技を見てもただジーッと黙っているだけ。

ところがたまに不敵な笑みを浮かべる時があるんです。もちろん門脇は気づいています。

一方、門脇は沢尻の演技を見ていて、たまに大きなため息を漏らす。2人の行動は、共に相手の演技に対しダメ出しをしているかのようにも見えてしまう」

引用:日刊ゲンダイ

なるほど・・・。

お互いの演技に対しては何も言わず、不敵な笑みを浮かべたり、ため息をついたりと、何か誤解が生まれやすいような行動をとっていることには間違いはなさそうです。

本来ならば、役の上ではライバルや敵同士の関係でも、撮影が終われば同じ仲間として会話をしたり、アドバイスをしあったりと良い関係でお仕事を進める様子が見られてもいいものですが、今回の「麒麟がくる」の撮影現場ではそうではない様子があるようです。

 

 

[originalsc]

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

北村好夫さん(@beicunhaofu2070)がシェアした投稿

さらに、沢尻エリカさんと門脇麦さんが「不仲」と言われるゆえんとしてあるのが、「他の共演者には普通に会話するのに」という点があるからではないでしょうか。

なぜ沢尻エリカさんと門脇麦さんだけが、撮影を進める現場では会話もせず、目も合わせないのでしょうか。

その理由や原因について、さらに深堀りしてみましょう。

 

 

 

 スポンサーリンク

沢尻エリカと門脇麦が不仲になった理由や原因は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

沢尻エリカさん(@erika.sawajiri.erika)がシェアした投稿

女優の沢尻エリカさんは以前から、役柄にとてものめり込むタイプの女優さんであることも知られています。

なので、今回門脇麦さんとは「恋敵」という関係性にあることもあり、余計に一触即発の状態になっていることに加担しているのかもしれません。

また、現場を見ている関係者によると、以下のような話も聞かれています。

「何でも年下の門脇が沢尻に挨拶に行かなかったと聞きました。

もし事実なら門脇に落ち度があるという話ですが、その一方、いやいや門脇はちゃんと挨拶をしたが沢尻に無視されたという話もあります」

この話を見ると、確かに、役作り上の理由というだけではなさそうです。

 

 

[originalsc]

 

 

沢尻エリカと門脇麦のプロ意識のぶつかりあい?

 

この投稿をInstagramで見る

 

KahoMinami南 果歩さん(@kaho_minami)がシェアした投稿

また一説によるとこんな話もあります。

「仲が悪い? それは120%違いますよ。互いにプロ意識の塊なので、ライバル視しているだけの話でしょう」

なるほど・・・。

確かに沢尻エリカさんはもとより、年下ではあるものの女優としてのスキルや技術をあげたい門脇麦さんにとっては、大河ドラマへの出演は今までになく大きな仕事。

お互いの女優としての”プロ意識のぶつかりあい”が、こうした「会話をしない」「目をあわせない」といった行動を起こさせているゆえんになっているのかもしれません。

そして、決して仲が悪いのではなく、大河ドラマの役を演じる上でお互いにとって大切なことなのかもしれないとということです。

 

 

[originalsc]

 

 

 

沢尻エリカと門脇麦はお互いにライバル視している?

 

この投稿をInstagramで見る

 

【ファンアカウント】門脇麦 mugi kadowakiさん(@mugi_kadowaki_fan)がシェアした投稿

沢尻エリカさんとと門脇麦さんが一触即発の状態になっている理由や原因には、大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影のお仕事のことだけではないという話も浮上しています。

大河ドラマに出演するということは、それに付随するさまざまな大きな仕事も関わってきます。

撮影の始まっている2019年の秋から一番直近で大きなお仕事といえば、毎年年末に行われる「紅白歌合戦」の司会。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ﻌﻌﻌヒグマ˙ᴥ˙✩︎⡱ひーちゃんﻌﻌﻌ❤︎さん(@takaito.kp)がシェアした投稿

この紅白歌合戦の司会には、毎年これから活躍が期待されるタレントや俳優さんなどが起用されることが多いのですが、その司会に、沢尻エリカさんか、門脇麦さんのどちらかが起用されることになるのでは?という話が出ているのだそう。

この大河ドラマの関係者の話によると・・・

「今年の紅白の司会は、沢尻と門脇のどちらかが紅組の司会としてオファーされる可能性がある。

2人ともいまから大みそかのスケジュールは空けているようで、ヤル気満々なんです。いずれにせよ、内心は火花バチバチでしょう」

引用:日刊ゲンダイ

紅白歌合戦の司会は「男性が1人、女性が1人」と毎年枠が決まっているため、「大河ドラマの出演者から司会を選ぶ」となった際には、やはりここはどうしてもどちらかが起用され、どちらかは起用されないという結果になってしまいます。

紅白歌合戦の司会という大きな仕事は、芸能界で生きる2人にとっては、やはりどちらも「手に入れたい大きなお仕事」なのではないでしょうか。

 

 

[originalsc]

 

 

沢尻エリカと門脇麦のギャラの違いに不満?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃちゃ丸@めるくさん(@chachamaru_meruku)がシェアした投稿

一方、プロ意識やライバル視以外の理由としては以下のような話も浮上しています。

「沢尻は1本当たり40万円~。門脇は60万円~。

実は、NHKの貢献度でギャラが決まるためです。門脇は朝の連続ドラマ小説など、細かい仕事を受けている。それが、この金額の差なんです」

引用:週刊実話

NHKの出演料は、女優としてのキャリアや有名度などはあまり考慮されないようです。

NHKに現在までにどれほど貢献してくれたかによって、出演料が変わってくるのですね。

沢尻エリカさんと門脇麦さんが互いのギャラの金額を知っているかは不明ですが、もしこの話が正確な金額で事実ならば、人によってはプライドに傷かつき、相手に良くない感情を抱いてしまう原因になってしまうことは、確かにあると思います。

 

 

 

 スポンサーリンク

最後に

 

この投稿をInstagramで見る

 

長岡京ガラシャ祭実行委員会さん(@garashamatsuri)がシェアした投稿

2020年放送の大河ドラマの「麒麟がくる」。

すでに放送に先駆けて撮影や準備は始まっています。

沢尻エリカさんと門脇麦さんは、今回「恋敵」という役柄でもあり、仲が良く和気あいあいとしてしまっては、演技に影響しかねないのもあるのではないでしょうか。

分刻みで撮影が進んでいく撮影現場で、女優としてしっかりと役を演じ切るためにも、「恋敵と仲良くしない」ことは、必要なことなのかもしれません。

そう考えると、女優というお仕事はとても大変なのだなと思います。

今後撮影が進むにつれて、どのように2人の関係が進んでいくかわかりませんが、今後の動向にも引き続き目を光らせていきたいと思います。