音楽

スキマスイッチ「ボクノート」の歌詞の意味を解釈!ドラえもんのび太の恐竜2006主題歌

スキマスイッチ「ボクノート」の歌詞の意味を解釈!ドラえもんのび太の恐竜2006主題歌

 

スキマスイッチ「ボクノート」の歌詞の意味を解釈!ドラえもんのび太の恐竜2006主題歌引用:インスタグラム

2019年12月27日に放送された「Mステスペシャルライブ」

第1部に出演したスキマスイッチが歌った「ボクノート」の深い歌詞の意味についてまとめました。

 

[originalsc]

 

 

 



スキマスイッチ「ボクノート」の歌詞の意味を解釈!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@0710.kei.sohichi.0505がシェアした投稿

Mステスーパーライブに出演したスキマスイッチが歌った歌は、「ボクノート」という曲。

このボクノートという曲は、「ドラえもんのび太の恐竜2006」のテーマ曲としても使われた曲です。

 

タイトルにある「ボクノート」という言葉は、「僕の音」という言葉を意味していると言われています。

音を英語で表すと「ノート」という言葉を使ったりもしますよね。

また、秘密道具のような響きを出したかったという意図もあったそうで、この「ボクノート」というカタカナ表記の名前となったそうです。

 

 

スキマスイッチ「ボクノート」の歌詞に込められた意味とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

MiSA(@moviee5448)がシェアした投稿

このスキマスイッチの「ボクノート」という曲に込められた意味とはいったいどんなものなのでしょうか。

この曲の歌詞に込められたもとは・・・

「たとえひみつ道具のような素晴らしい道具があっても、うまいくいかないこともある」

という様な意味合いが込められているのだと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

梨香 rikä🎈(@riiiiiimiy)がシェアした投稿

歌詞の中での「上手くいかないこと」という部分を、あえて「巧く」という言葉に変えています。

「技術的にどんなに優れたものだからといって完璧に上手くいくことはない、世の中には上手くいかないこともあるのだ」ということを表現したかったのではないでしょうか。

この曲が使われた「ドラえもんのび太の恐竜2006」の中で、恐竜のピー助と別れなければならないシーンでは、嘆き悲しむピー助に対し、自分の想いを上手く言葉にできないのび太君の想いや姿が重なり、とても感動を呼ぶものとなっています。

 

 

スキマスイッチ「ボクノート」のサビはのび太くんの心の叫び

 

この投稿をInstagramで見る

 

かなっぺ(@kanappe0607)がシェアした投稿

スキマスイッチのボクノートという曲のサビには、「喉の奥、鋭く尖って突き刺さる」というような内容があります。

伝えたいことがあるけれど、上手く言葉にできない、上手く伝えられない。

飲み込むには痛すぎる本当は言葉にしたい強い想い。

そういったものを表現しているのだと思われます。

 

ドラえもんのび太の恐竜でピー助とはもう会えないことが分かっている。

でも今別れなければならない。

のび太君の心の中にある、喉に突き刺さるせつなくも苦しい想いが重なり、聞いているこちらまで心が揺さぶられます。

 

 

 スポンサーリンク


スキマスイッチ「ボクノート」は、歌詞作りが苦労したことが伝わる曲

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jedi 🎥(@mrgtsmbs)がシェアした投稿

のび太の恐竜2006の主題歌として、スキマスイッチが曲を担当することになったときに、歌詞作りにとても苦労したことが、曲を聴いていると伝わってきます。

歌の中には「考えて書いてつまずいて消したら元通り」「12時間経って並べたものは紙くず」というようなフレーズがあります。

なんとかドラえもんのび太の恐竜2006のイメージに合う曲を作りたいと、「書いては消し、書いては消し・・・」と、苦労しながらスキマスイッチが作ったのがにじみ出ているのではないでしょうか。

産みの苦しみを乗り越えて生まれた曲だからこそ、人の心を揺さぶる素晴らしい曲となったのかもしれませんね。

 

 



スキマスイッチ「ボクノート」の詳細情報

【中古】 ボクノート(初回生産限定盤)(DVD付) /スキマスイッチ 【中古】afb

価格:99円
(2019/12/27 16:30時点)
感想(0件)

スキマスイッチ「ボクノート」の製品情報は以下の通りとなっています。

  • 発売日:2006年3月1日
  • フォーマット:CDシングル
  • レーベル:BMGジャパン
  • スキマスイッチ7枚目のシングル
  • 収録曲:ボクノート、猫になれ、若葉、ボクノートインスト

 

 

 スポンサーリンク


まとめ:スキマスイッチ「ボクノート」の歌詞の意味を解釈!ドラえもんのび太の恐竜2006主題歌

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mステ ミュージックステーション(テレビ朝日)(@ex_musicstation)がシェアした投稿

スキマスイッチの「ボクノート」は、ドラえもんのび太の恐竜という映画をリメイクして2006年に再び上映するために、作られた曲。

担当はスキマスイッチでしたが、映画の中に登場するのび太君やその仲間たちの想い、恐竜達の想い、映画の背景など、さまざまなものとフィックスするとても素晴らしい曲となっています。

今までボクノートを聞いたことがなかった人も、今まで何度も聞いてきた人も、ぜひ今一度聞いてみてくださいね。

error: Content is protected !!