俳優

中川大志の家政婦のミタ時代がかわいい!子役時代から現在までの演技力はうまい?下手?

中川大志の家政婦のミタ時代がかわいい!子役時代から現在までの演技力はうまい?下手?

子役時代に人気ドラマ「家政婦のミタ」に出演し、かわいいと話題になっていた中川大志さん。

現在では国宝級のイケメンと言われ、数多くのファンから愛される俳優さんです。

しかし、中には演技が下手という声も。

人気俳優の中川大志さんは、本当に演技が下手なのでしょうか。



中川大志の家政婦のミタ時代がかわいい!役どころは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川大志(@taishi_nakagawa_official)がシェアした投稿

中川大志さんは、子役時代にドラマ「家政婦のミタ」に出演し、当時からかわいいと話題になっていました。

 

「家政婦のミタ」で中川大志さんは、阿須田翔役を演じています。

ちなみに、阿須田翔は5人家族の長男で、自分の負の感情を相手にぶつけたり、反発したりしてしまう男の子でした。

 

現在の中川大志さんは、国宝級のイケメンと評されています。

しかし、そのカッコ良さは「家政婦のミタ」時代からすでに持っていたのではないでしょうか。

 

子役時代の画像はこちら。

左の方が中川大志さんです。

子役とは思えない、すでに完成されたお顔をされているのではないでしょうか。

カッコ良さもありますが、どこかかわいさも持ち合わせています。

 

実際、中川大志さんの子役時代の画像を見たファンの方から、「かわいい!」との声が多く見られました。

 

きっとこの頃から、モテモテの男の子だったのではないでしょうか。

中川大志が家政婦のミタに出演していた頃の年齢は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川大志(@taishi_nakagawa_official)がシェアした投稿

中川大志さんが「家政婦のミタ」に出演していたときの年齢は、13歳でした。

先程子役時代の画像もご紹介しましたが、13歳にしては大人びていますね。

 

また、「家政婦のミタ」の次男役を演じた子役さんと同い年だったそうです。

中川大志さんのお兄さん役は見事にハマってしました。

当時の中川大志さんは、周りの同い年の子たちよりも、大人びた印象の子供だったのかもしれませんね。

 

現在21歳の中川大志さんですは、さらに大人びて本当にかっこいい男性に成長しています。

 スポンサーリンク


中川大志の子役時代の演技力は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川大志(@taishi_nakagawa_official)がシェアした投稿

中川大志さんの子役時代の演技力は、正直あまり上手いとは言い難いものだったかもしれません。

「家政婦のミタ」でも、中川大志さんの演技はあまり評価が高くありませんでした。

 

今でこそ人気俳優に上り詰めましたが、子役時代は無名の俳優でしたし、最初は誰でもうまくいかないものですよね。

 

ですが、数多くの応募が集まる子役オーディションの中で、厳選されて選出された中川大志さんです。

10年以上も経った今は、人気俳優に成長していますし、もしかすると当時も「素人目線ではわからない魅力」があったのかもしれませんね。

中川大志が芸能界に入ったきっかけ

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川大志(@taishi_nakagawa_official)がシェアした投稿

中川大志さんが芸能界に入ったきっかけは、「業界の方に声をかけられた」ことでした。

小学4年生の頃、父親と一緒に渋谷の街を歩いていたところ、声をかけられたそうです。

 

ちなみに、芸能界デビューは11歳の頃

2009年7月、NHKの「わたしが子供だったころ 沢村一樹編」で、沢村一樹さんの幼少時代を演じています。

 

中川大志さんは現在21歳ですが、すでに芸歴10年と、若いながら経験を積んでいる俳優さんなのですね。



中川大志の現在の演技力はうまい?下手?

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川大志(@taishi_nakagawa_official)がシェアした投稿

子役時代の中川大志さんには、演技が「うまくない」「下手」という声もありました。

デビューから10年経った現在の中川大志さんの演技力は、当時と比べてどう変化しているのでしょうか。

 

中川大志さんは、20歳のときインタビューで、「ドラマの役柄名で覚えられることが理想」だと語っていました。

ドラマの役名で覚えてもらえることが理想なんです
引用元:クランクイン

インタビューでは自身の評価よりも、「役柄に対する反響があると嬉しい」とも語っていましたね。

 

デビューしてから10年間、「役を生きる」ことを目標に走り続けてきた中川大志さん。

その後出演したドラマ「夜行観光列車」が、役者として大きな成長へと繋がったようです。

 

中川大志は演技がうまい?「夜行観光列車」で大きく成長

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川大志(@taishi_nakagawa_official)がシェアした投稿

中川大志さんは「家政婦のミタ」に出演され始めた頃から、現場と日常の切り替えが上手くできなかったそうです。

「現場は刺激的ですごく楽しかったんです。だから逆に日常に戻ったときは抜け殻のようになってしまって、うまくバランスが取れなかった。

中学2年生のころは、仕事以外では外に出たくなかったし、学校も休みがちになってしまっていました。まさに中二病ですよね(笑)」。
引用元:クランクイン

 

そんな時、今の状況を抜け出すきっかけとなったのが、ドラマ「夜行観光列車」だったそうですね。

「このドラマの撮影はすごく苦しかった。私生活のバランスも崩しているのに、作品のテーマも重くて…。

さらに監督からの指導も厳しく、心がポキンと折れてしまったんです」と振り返る。
引用元:クランクイン

 

「夜行観光列車」で自身の愚かさを反省し、共演した杉咲花さんの演技を見て学んだ中川大志さん。

この作品への出演が、演技力にも大きな影響を与えたのは、言うまでもないようです。

 

そんな努力が実ったのか、挫折と挑戦を繰り返してきた中川大志さんの演技に対し、現在では「うまい」との声も多く見られるようになりました。

演技力の向上があったからこそ、今これだけ人気俳優さんになれたのかもしれませんね。

中川大志の演技が下手という声も・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川大志(@taishi_nakagawa_official)がシェアした投稿

努力を積み重ね、演技に打ち込んできた中川大志さんですが、現在でも演技が「下手」という声も見られます。

見る人によっては中川大志さんの演技は下手、うまくないと思う方もいるようですね。

しかし、人それぞれの意見がありますし子役の頃よりは、確実に演技がうまくなっていると思います。

 

まだまだ21歳と若いですし、今後の成長にも期待したいですね。

 スポンサーリンク


まとめ:中川大志の家政婦のミタ時代がかわいい!子役時代から現在までの演技力はうまい?下手?

中川大志さんは「家政婦のミタ」時代から、とてもかっこく、かわいい子役でした。

「家政婦のミタ」時代は13歳でしたが、とても大人びていましたね。

子役時代は演技があまり上手くないと言われていたものの、「夜行観光列車」で大きく成長。

現在でも演技が下手との声もありますが、うまいとの声が多く見られました。

次世代の俳優として、今後も注目です。

error: Content is protected !!