ニュース

【わさおが死んだ】ブサかわ犬わさおの現在の飼い主や場所はどこ?年齢は推定13歳

【わさおが死んだ】ブサカワ犬の現在の飼い主や場所はどこだった?年齢は13歳

ブサカワ犬として人気を集めていた、「わさお」。

2020年6月8日に死去のニュースが流れました。

 



【わさおが死んだ】ブサカワ犬わさお死去のニュース

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

ブサイクだけどかわいい!と話題を呼んでいた秋田犬の「わさお」。

同名の名前でその生き様や、周辺で共に暮らす人々の様子を取り上げた、映画にもなり、大きな感動を集めていました。

そのわさおが、2020年6月8日に亡くなっていたというニュースが流れました。

青森県鰺ケ沢町で暮らし、不細工だけどかわいい「ブサカワ」で人気の秋田犬「わさお」が8日に死んだことが分かった。推定13歳で死因は多臓器不全。支援団体が9日、明らかにした。

引用:協同通信

 

わさおは推定13歳で、死因は多臓器不全ということです。

13歳というと、人間なら90歳以上。

大往生でした。

 

2020年5月1日に、わさおの近況として伝えられた様子は以下のようなものでした。

  • 2020年1月頃〜:日課にしていた1日3回の散歩で立ち止まることが増えた。
  • 2020年4月〜:急激に足腰が衰え、寝ている時間が多くなった。
  • 2020年4月30日頃:後ろ足に力が入らず、立ち上がれなくなったと報じられる。

 

わさおは、4月に入り、足腰が急激に弱ったあとも、日課の散歩で節子さんが営んでいたイカ焼き店へ出向き、店前の小屋で過ごしたりしていたそう。

ですが、思いの外、体調が思わしくなかったようで・・・。

晩年は店員の目が行き届く店の中にいることが多くなっていたということでした。

 

 スポンサーリンク


わさおの現在の飼い主や場所はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

わさおは元々は迷い犬で、最初の飼い主が誰だったのか、どこから来たのかはわかっていません。

迷い犬であったわさおを保護したのは、鰺ヶ沢町にて焼きイカ店を営んでいた菊谷節子さんという方。

 

わさおと菊谷節子さんが初めて出会ったのは、2008年よりも前のこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

2008年「年初」に、旅行記ブロガー「メレ山メレ子」のブログで紹介されネット上で話題に。

その後、同年7月29日に、日本テレビの「99プラス」にて取り上げられ、全国的にその存在が知れ渡ることに。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

節子さんとわさおのところには、たくさんの取材陣が次々に訪れ、2人の周辺はいつもより賑やかに。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

節子さんとわさおはいつも青森の海辺や街中を散歩。

 

2011年には、わさおと周辺の人を題材にした映画が公開。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

わさおの飼い主、菊谷節子さん役は、薬師丸ひろ子さんが演じましたが、わさおは「わさお役」で出演。

 

わさおは、飼い主の菊谷節子さんが大好きでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

わさおと飼い主の菊谷節子さんは、いつも一緒でした。

 

ですが・・・わさおの飼い主であった菊谷節子さんは、2017年11月30日に、間質性肺炎のため、73歳で亡くなってしまっています

「ぶさかわ」として大人気になった秋田犬のわさお。飼い主の菊谷節子さんが11月30日、間質性肺炎のため亡くなりました。73歳でした。

 

 

その後、わさおは誰に育てられたのかが、気になります。

菊谷節子さん亡き後、菊谷節子さんの息子・菊谷忠光さんがわさおの主人となり、共に暮らしていたといいます。

「わさおは母親の忘れ形見。母の面倒を見ることができなかったので、一種の親孝行」。新型コロナウイルスの影響で外出自粛の要請が続く中、「わさおのことが気になる人もいると思うが、遠くから温かく見守ってほしい」

 

菊谷さんによると、わさおは周辺の人からオムツなどももらい、介護が必要な状態でした。

わさおがどんな状態になっても、町民の皆からの愛は変わらず、皆に見守られての旅立ちとなったのです。

 

「わさおのいえ」の場所は今も『青森県鯵ケ沢町』に

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

わさおの飼い主が節子さんから息子の忠光さんへ変わっても、Google マップ上では、節子さんと暮らしたイカ焼き店に「わさおのいえ」として登録されています。

晩年は、静かにわさおが過ごせるように、遠くから見守って欲しいと呼びかけていました。

 



わさおの現在までの様子

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

わさおの様子はいつもインスタグラムの「わさお公式アカウント」にて、伝えられていました。

 

2020年1月、お正月を迎えたわさおの姿。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

2020年1月は散歩の途中で立ち止まることが増えたものの、まだ元気に歩く姿も。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

2020年2月の頭ごろもまだお散歩姿は健在です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

2020年3月頃のわさお。

この頃は体調を見てもらうためか、動物病院に時々通っていたそう。

前足の毛を少し剃られて、ショボーンとしているわさおです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

2020年4月に入り眠っていることが多くなったわさお。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

2020年5月に入り、どんどん足腰が弱ってしまったわさお。

日課にしていた1日3回のお散歩にも、この頃はほとんど行けていなかったようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

節子さんといた店内で時を過ごしながら、わさおは何を考えていたのでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

2020年5月28日。

わさおが生きている間の最後の投稿となったインスタグラム。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

大好きだった節子さんとの思い出がいっぱい詰まった部屋で、とても居心地良さそうに過ごしています。

 

 

そして・・・2020年6月8日。

わさおは、大好きな菊谷節子さんのいる天国へ旅立ちました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasao_official(@wasao_official)がシェアした投稿

わさおのご冥福をお祈りいたします。

 

 スポンサーリンク


わさお死去に悲しみの声が・・・

 

error: Content is protected !!