ニュース

山梨帰省コロナ感染者20代女性の名前や顔写真が特定?Twitterに反論を投稿で大炎上

山梨帰省コロナ感染者20代女性の名前や顔写真が特定?Twitterに反論を投稿で大炎上

山梨県に帰省した20代の女性のニュースが話題になっています。

20代のこの女性は、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性であったにも関わらず、高速バスで帰省。

その後、住まいのある東京にまた高速バスで帰宅したといいます。

多くの人を感染のリスクに晒したこの女性が誰なのか?ということについてネット上では大きな波紋を呼んでいます。

 



山梨帰省コロナ感染者20代女性の名前や顔写真が特定?

山梨県に実家のある20代女性が「味覚異常・嗅覚異常」という新型コロナウイルスの感染兆候があったにも関わらず、帰省するという行動をとったことがことの始まりです。

さらに女性は、帰省した先でPCR検査を受け、新型コロナウイルスの陽性を確認。

自分が新型コロナウイルスにかかっていると知りながら、その後「高速バス」で自宅のある東京に帰宅したことも大きな批判を呼びました。

まず、女性の行動歴を見てみましょう。

  1. 4月26日:味覚や嗅覚に異常を感じる。
  2. 4月28日:この日まで都内の会社に通勤。
  3. 4月29日:新宿バスタより高速バスに乗車、富士急ハイランドのバス停で下車。
  4. 4月30日:山梨県内の友人宅でBBQや買い物に出かける。
  5. 同日:勤務先の同僚に新型コロナウイルス陽性の結果が出る。
  6. 5月1日:PCR検査を実施、検査結果が出るまで実家で待機要請。
  7. 5月1日:山梨県内で男性と会う。
  8. 5月2日:新柄コロナ陽性がわかったものの、高速バスで自宅へ帰宅。

ずらっとみてみただけでも、驚きの行動ですね。

この女性の行動はニュースでも報道されたため、大バッシングとなってしまいました。

 

山梨県内で一緒にBBQを楽しんだ友人は5名いたそうですが、そのうち1人は産婦人科勤務、もう1人が保育士のお仕事についている方だそうです。

さらに批判を浴びてしまう原因となったのは、保健所の行動調査に対して「嘘をついた」こと。

 

山梨県に帰省した20代女性は、陽性反応判明後の5月2日に東京の自宅に戻ったのに、判明前の5月1日にはすでに帰宅していたと語ったのです。

 

SNSやネット上ではこの女性がいったいどこの誰なのか?ということも大きな話題になっています。

 

山梨県コロナ感染者20代女性の実家はどこ?

この新型コロナウイルスの感染で大きな批判を受けてしまっている、山梨県の20代女性ですが、山梨県の公式の感染者情報に以下のような表記がありました。

山梨県コロナ感染者20代女性の実家はどこ?

生活圏:富士吉田市 鳴沢村、富士河口湖町

おそらく、実家がこの辺りにある女性のようですね。

ネット上でもニュースを知った山梨県に住む人々が感染を心配し、どの辺りで起きていることなのか、場所を知りたいと調べている傾向にありました。

 

山梨県コロナ感染者20代女性の特定が爆サイや5chで行われる

ネット上では、こういった個人を特定しようとする動きがとても早く、ニュースが流れた直後には、特定活動があちらこちらで行われていました。

「爆サイ」や「5ch」といった掲示板では、さまざまな情報が書き込まれています。

その中で、女性は「鳴沢村に住む大工の娘」ではないか?との話も出ていました。

山梨県コロナ感染者20代女性の特定が爆サイや5chで行われる 山梨県コロナ感染者20代女性の特定が爆サイや5chで行われる

 

顔画像を探している様子もありましたが、現在のところは出回っていません。

 

個人情報でもありますし、個人を攻撃するような投稿はあまりよくないと思われますので、これ以上の追求は控えておきたいと思います。

 

山梨帰省コロナ感染者20代女性はなぜ山梨に帰省したのか

自身に新型コロナウイルスの感染兆候がありながら、なぜ帰省してしまったのでしょうか。

ニュースによると女性が帰省した理由は「友人とBBQがしたかったから」と語っていたといいます。

久しぶりに友人と会えるチャンスだったのでしょうが、全国的に「帰省自粛」が要請され、皆が我慢している中では、やはり女性も自粛した方が良かったのではないでしょうか。

 

山梨帰省コロナ感染者20代女性は陽性を知りつつバスで自宅に戻ったのか?

また、この女性がPCR検査で陽性がわかっていたにも関わらず、大勢の人が乗り合わせる高速バスで自宅に戻ってしまったのでしょうか。

その理由については、5月4日のニュースで以下のように語っていました。

「自宅に残してきた犬が心配だったから。」

 

確かに、数日だからと餌などを少し多めに用意し残してきたペットは気がかりです。

ですが、高速バスで移動するとなるともっと大勢の人の命にも関わってしまうもの。

天秤にかけれるものではありませんが、ペットの世話などは誰かにお願いするなど、帰省前に事前によく準備しておくことが大事だったのではないでしょうか。

 

 スポンサーリンク


山梨帰省コロナ感染者20代女性はTwitterに反論を投稿で大炎上

世間から大バッシングを浴びてしまった山梨県に帰省したこの20代女性。

自身のものと思われるカウントから5月3日に「かかってこい」と反論の投稿したことで、ますます大炎上となってしまっているようです。

山梨帰省コロナ感染者20代女性はTwitterに反論を投稿で大炎上

20代女性のものと思われるアカウントには「ボン」というユーザー名と「@119boooooooo」というアカウント名が表示されています。

 

 スポンサーリンク


山梨帰省コロナ感染者20代女性の濃厚接触者男性も感染

この女性が新型コロナのPCR検査を受けたのち、自宅待機陽性があるにも関わらず、当日に接触した男性がいます。

県は、その男性の感染も確認したとニュースで報じました。

山梨県は3日、県内に住む20代の男性が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表しました。

男性は2日に感染が確認された東京都に住む20代の女性の友人で、県内で感染が確認されたのは合わせて56人となりました。

引用:NHKニュース

 

この男性は現在症状は重くなく、自宅待機をしているとのこと。

男性があった濃厚接触者などについても詳しく調べを進めているとのことでした。

 

 

 

 スポンサーリンク


まとめ:山梨帰省コロナ感染者20代女性の名前や顔写真が特定?Twitterに反論を投稿で大炎上

新型コロナウイルスの感染抑制のため、帰省自粛が促される中、山梨県にある実家に帰省した20代の女性。

この女性は、東京にある会社で新型コロナウイルスに感染し、帰省をする前からすでに何らかの自覚症状があったといいます。

帰省先では、兆候を知りながらも多くの人と接触し、周囲の人を危険に晒してしまいました。

現在も、本人の特定や批判が相次いでいますが、何よりもこれ以上感染が広がらないことを願っています。