【ジュラシックワールド】ラプトルの見分け方は?性格や名前の由来についても詳しく!

【ジュラシックワールド】ラプトルの見分け方は?性格や名前の由来についても詳しく!

<本記事には広告が含まれています>

映画『ジュラシックワールド』のラプトルについて、見分け方はあるのでしょうか。

性格にも違いがあるようですね。

今回は、

  • 映画『ジュラシックワールド』のラプトルの見分け方は?
  • どのような性格をしているのか?
  • 名前の由来は何なのか?

など、映画『ジュラシックワールド』に出てくるラプトルの見分け方や名前の由来、性格についてまとめさせていただきました。

ぜひ読み進めてみてください^^

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹の見分け方!

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹の見分け方!

映画『ジュラシックワールド』に出てくるラプトル4姉妹。

ラプトル4姉妹は、4匹のヴェロキラプトルのことで、公式の呼び名は『ラプトル・スクワッド』となっています。

名前は、

長女:ブルー

次女:デルタ

三女:エコー

四女:チャーリー

となっているんです。

4姉妹は、生まれてから調教師のオーウェン・グレイディに愛情深く育てられていて、オーウェンをとても信頼していました。

ラプトルの見分け方①:見た目の特徴で判断

ラプトルの見分け方①:見た目の特徴で判断

同じラプトルでも見た目にも違いはあります。

  • ブルー:全体的に青みがかっていて、紺碧色の横ラインが入っている
  • デルタ:淡い緑色
  • エコー:褐色の肌にまだら模様がある
  • チャーリー:緑色の体に黒の縞模様がある

似たような色合いとなっているものの、それぞれの見た目にきちんと違いがあるんですね。

ラプトルの見分け方②:性格による行動の違いから判断

ラプトルの見分け方②:性格による行動の違いから判断

ラプトルは、見た目だけでなく性格にも違いがあります。

  • ブルー:ラプトルの長女で、群れのサブリーダー。調教師のオーウェンには従順で、愛情深い一面もある。
  • デルタ:ブルーの右腕のような存在。その反面で多くの人間を食い殺すなど、困った一面もある。
  • エコー:4姉妹の中でも凶暴な性格をしている。ブルーとリーダーの座を争った際の傷が残っている。人に触られるのが嫌い。
  • チャーリー:4姉妹の末っ子。大人しい性格をしている。他の姉妹が人間を襲っていた時もチャーリーはオーウェンの呼びかけに対して耳を傾けていた。ブルーへの忠誠心も高い子です。

凶暴な子から大人しい子まで同じラプトルの姉妹といってもかなり性格に差があるように感じます。

スポンサーリンク


目次

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹『性格・見た目』あまり似てないはなぜ?

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹『性格・見た目』あまり似てないはなぜ?

ラプトル4姉妹は、姉妹にも関わらずそれぞれ性格や見た目は似ていません。

なぜ似ていないのかというと、それぞれに混ぜられているゲノムデータが違うからなんです。

人間で言うと、母親は同じだけど父親は違うといった感じなのでしょうか?

そのため、それぞれの見た目にも違いが出て、性格も似ていないんですね。

 スポンサーリンク


【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹の名前の由来は?

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹の名前の由来は?

ラプトル4姉妹には、『ブルー・デルタ・エコー・チャーリーといった名前がついています。

この名前の由来は、アルファベットのNATOフォネティックコーから来ているんです。

しかし、実際のアルファベット順とは異なっています。

調教師のオーウェンがA、長女のブルーがB、次女のデルタがD三女のエコーがE、四女のチャーリーがCとなっているんです。

ちなみに、オーウェンは吹替版で、ブルーはベータの代わりと言っていました。

実際のNATOフォネティックコードの場合は、ブラボーと名付けられるはずなので、やや由来とは異なっているんです。

他の姉妹はNATOフォネティックコードからつけられたものの、ブルーは体が青いことからブルーと名付けられたようですね。

スポンサーリンク

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹『実は5姉妹だった』という噂も!

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹『実は5姉妹だった』という噂も!

映画『ジュラシックワールド』で、ラプトルは4姉妹となっています。

しかし、4姉妹ではなく5姉妹だったとも言われているんです。

実は本当に元々は5姉妹でした

名前は『V-2』で、ブルーとデルタの間にいて次女となるはずでしたが、危険な存在であったことから殺処分されてしまったんです。

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹『実は5姉妹だった』という噂も!

これは、映画内でも説明がありました。

4姉妹は、2012年にヴェロキラプトルの知能を研究するIBRIS計画のために生み出されています。

しかし、2013年には4姉妹の他にも多くのラプトルが作られましたが、様々な理由があって死んでしまい、4姉妹だけが残ったんです。

スポンサーリンク

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹の最後は?

【ジュラシックワールド】ラプトル4姉妹の最後は?

映画『ジュラシックワールド』に出てくるラプトル4姉妹。

ラプトル4姉妹の最後とはどのようなものだったのでしょうか?

姉妹の最後についてそれぞれ見ていきましょう。

それぞれの結末ラスト①:ブルー

それぞれの結末ラスト①:ブルー

ブルーは最後にオーウェンから一緒にくるように誘われるものの、それを断りました。

そこでオーウェンと別れ、ひとりぼっちになったブルー。

しかし、『ジュラシックワールド 新たなる支配者』では、ブルーの姿も登場し、オーウェンとも再開するんです。

それだけでなく、『ジュラシックワールド 新たなる支配者』では孤独だったブルーには子供もいます

人気の高いブルーが孤独ではなく子供と暮らしていたというのはファンからしても嬉しいですね。

それぞれの結末ラスト②:デルタ

それぞれの結末ラスト②:デルタ

次女のデルタは、避難してきたACU隊員やホスキンスを食い殺したりしています。

そして、オーウェンからの説得に応じてインドミナスに立ち向かっていました。

背中に飛び乗った状態で攻撃を加えたものの、レストランのグリルに向かって投げ飛ばされてしまい、爆発に巻き込まれて焼死してしまったんです。

それぞれの結末ラスト③:エコー

それぞれの結末ラスト③:エコー

三女のエコーは、オーウェンの号令に応じ、最初にインドミナスに飛び掛かりますが、インドミナスに操られたことで、人を殺害していました。

そんなエコーは、最終的にオーウェンの説得に応じ、再び現れたインドミナスに立ち向かうこととなります。

しかし、デルタが死んでしまったことでコンビネーションが崩れてしまったことから、インドミナスに噛み殺されてしまうこととなったんです。

それぞれの結末ラスト④:チャーリー

それぞれの結末ラスト④:チャーリー

四女のチャーリーは、インドミナスに操られてACU隊員を捕食します。

しかし、オーウェンと対面したことで、襲うことを躊躇。

オーウェンの指示を待つような仕草も見せていたんです。

しかし、直後にに背後からACU隊員が放ったロケットランチャーの直撃を受けて爆死してしまいました。

ブルー以外の姉妹は亡くなってしまったんですね。

 スポンサーリンク

まとめ

映画『ジュラシックワールド』のラプトルの見分け方や名前の由来などについてまとめさせていただきました。

ラプトルは、姉妹なものの、見た目や性格が異なるので見分けることができます。

4姉妹の名前は『ブルー・デルタ・エコー・チャーリー』で、名前の由来はアルファベットのNATOフォネティックコードからきているんです。

現在では3匹が死んでしまい、ブルーだけが生き残りましたが、孤独というわけではなく子供もいるので幸せなのかもしれませんね

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次