映画『アナログ』原作は同名小説【解説】今すぐ読める所|あらすじ|原作者|感想評価

映画『アナログ』原作は同名小説【解説】今すぐ読める所|あらすじ|原作者|感想評価

*本記事には広告が含まれています。

二宮和也さん、波瑠さんが主演する映画『アナログ』。
原作は、ビートたけしさんの同名小説です。

\この記事に書かれていること/

  • 原作はどんな物語なのか
  • 原作者はどんな人物か
  • 原作小説を今すぐ読めるところはどこか
水玉ねこ

アナログ』についてサクッと詳しくなれるよ。

原作小説の魅力に、ぜひ触れてみてください。

水玉ねこピンク

目次をクリックすると好きなところから見れるよ。

スポンサーリンク


目次

映画『アナログ』原作はビートたけしの同名小説【作品解説】

映画『アナログ』原作はビートたけしの同名小説
出典元:FASHION PRESS
©️アナログ/ビートたけし ©︎2023「アナログ」製作委員会

映画『アナログ』の原作は、ビートたけしさんの同名小説『アナログ』です。

\小説『アナログ』の詳細ページへ/

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
ビートたけし|小説『アナログ』電子書籍版

*上記広告は商品ページが別タブで開きます。

『アナログ』はビートたけしさんの「初の書き下ろし恋愛小説」として知られている作品で、2017年9月22日に新潮社から刊行されました。
2023年6月20日には、集英社文庫から文庫判が刊行されています。

これまでに、アニメ化やドラマ化はありません。

『アナログ』はシリーズ物ではなく、単独で刊行された小説で、紙版・デジタル版の両方で販売されています。
また「新潮社の新刊案内」によると、小説『アナログ』は刊行から1ヶ月で、早々に10万部を突破したそうですよ。

水玉ねこ

多くの人から注目を集めている作品なんだね。

映画『アナログ』原作小説のあらすじ・内容

映画『アナログ』原作小説のあらすじ・内容
出典元:新潮社

原作となった小説『アナログ』は、以下のようなあらすじ・内容となっています。

\『アナログ』はこんな物語/

デザイナーの水島悟はある日、自らが内装を手掛けた喫茶店「ピアノ」で謎めいた女性、みゆきと出会う。
似たような価値観を持つ彼女に徐々に惹かれていく悟。

意を決して連絡先を聞くも「お互いに会いたい気持ちがあれば会えますよ」と言われ、毎週木曜日にピアノで会う約束を交わす。
多忙な日々の中、ゆっくり関係を深めていく2人。

しかし突然、彼女はピアノに現れなくなり……。
珠玉の恋愛小説。

引用元:集英社

スマートフォンなどが普及して「デジタル化」が進んでいる現代。
お互いの素性や連絡先さえ知らない2人の「アナログ」ともいえる恋愛には、思わず「人と人とのつながり」という部分について考えさせられますね。

登場人物それぞれの温かさや、みゆきが喫茶店に現れなくなった後の展開も目が離せません。

水玉ねこ

人とどう繋がっていくべきか、ヒントをもらえる作品でもあるよ。

\小説『アナログ』の世界へ/

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
ビートたけし|小説『アナログ』電子書籍版

▽紙の書籍で楽しみたい方はこちら▽
Amazon楽天ブックス

*上記広告は商品ページが別タブで開きます。

映画『アナログ』原作者・ビートたけしはこんな人物

映画『アナログ』の原作者は、ビートたけしさんです。

映画『アナログ』原作者・ビートたけしはこんな人物
出典元:ORICON NEWS
  • 本名:北野武(きたの たけし)
  • 芸名:ビートたけし
  • 生年月日:1947年1月18日
  • 出身地:東京都

日本のお笑い芸人として多くの人に知られる、ビートたけしさん。
映画監督・俳優・画家・作家・歌手など幅広い分野で活躍されている方です。

ビートたけしさんの執筆した代表作には、以下のようなものがあります。

  • 浅草キッド
  • テレビじゃ言えない
  • 「さみしさ」の研究
  • 芸人と影
漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
水玉ねこ

知ってる作品はあった?

東京都で生まれたビートたけしさん。
1965年に母の勧めで明治大学工学部に進学しますが、学校へはほとんど行かず、点々とアルバイト生活を送っていたそうです。

1972年からは、『浅草フランス座』で仕事を始めることとなり、座長である深見千三郎さんに弟子入り
その頃から芸能関係の道を歩み始めることになったといわれています。

1974年頃、兼子二郎さん(のちのビートきよしさん)と漫才コンビ『ツービート』を結成
1970年代末に訪れた漫才ブームの追い風を受けて、たくさんの演芸番組に出演されました。

その後も多くのメディアで活躍し、大勢の人の心をつかむ人気芸人として親しまれています。

ビートたけしさんは、お笑い芸人としての活動のみならず、俳優や映画監督、作家など、さまざまな場で活躍を見せています。

特に後年は、自ら書き上げた物語を映像化するという活動に力を入れられ、映画監督としても多数の賞を獲得されています。

ビートたけしさんの主な受賞歴

  • 1997年『ベネチア国際映画祭金獅子賞』(映画『HANA-BI』にて)
  • 2003年『第60回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門 銀獅子賞』(映画『座頭市』にて)
  • 2008年『第30回モスクワ国際映画祭 特別功労賞
  • 2010年『フランス芸術文化勲章コマンドゥール
  • 2016年『レジオン・ドヌール勲章オフィシエ
  • 2018年『旭日小綬章』 他
水玉ねこ

そうそうたる受賞歴だね。

1言では語り尽くせないほどのエピソードがある、ビートたけしさん。
現代に生きる偉人と言っても過言ではない人物かと、筆者個人的には思います。

ビートたけし|小説『アナログ』電子書籍版

▽紙の書籍で楽しみたい方はこちら▽
Amazon楽天ブックス

*上記の広告は商品ページへジャンプします。

映画『アナログ』原作小説を読んだ人の感想・レビュー

映画『アナログ』原作小説を読んだ人の感想・レビュー
出典元:Rakuma

原作小説『アナログ』を読んだ方々からは、以下のような感想・レビューが寄せられていました。

電子機器があればどこにいても繋がっていられる時代に人と人との関係で大切なことって何なのかを教えてくれて、読了後に大好きな人に会いたくなる作品だった。

引用元:ブクログ

前に短編小説で読んだ物語は主人公が武田と朋子でしたが今回のは水嶋とみゆきになっていました。
短編では書けなかった色々なエピソードがあって私は気に入りました。

引用元:ebook japan

毎週木曜日に夜、同じ喫茶店で会う。
電話番号や住所などの連絡先は交換せず、お互いの気持ちを信じるだけ。。
すごくアナログな恋愛がかえって新鮮で少しドキドキしながら読みましたが、最後はちょっと物足りなさを感じました。

引用元:ブクログ

小説『アナログ』を読んだことで、「現代の電子機器に依存した、人との関係の作り方を見直すきっかけになった」というような声が多い印象でした。

またストーリーについては、バイオレンス物が多かったビートたけしさんのイメージをひっくり返してしまうほど、「恋愛要素の強い物語となっていて、驚いた」という声も見受けられました。

静かに繊細に紡がれていく、この「アナログな恋愛の物語」は、慌ただしく過ぎていく毎日をそっと足止めし、見失いがちだった大切な何かを思い起こさせてくれるお話となっています。

忙しい毎日に疲れを感じてきている方、人間関係に悩まれている方、ゆったりとした静かな時間を求めている方に、ぜひ手に取っていただきたい一冊です。

水玉ねこ

雨の日、予定のない休日、寝る前のひとときに読むのもいいね。

\心に染みるストーリーを味わう/

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
ビートたけし|小説『アナログ』電子書籍版

▽紙の書籍で楽しみたい方はこちら▽
Amazon楽天ブックス

*上記広告は商品ページが別タブで開きます。

 スポンサーリンク


映画『アナログ』原作小説が今すぐ読めるところ・買えるところ

原作の小説『アナログ』が今すぐお得に読めるところは、以下の通りです。

使いやすいTOP2

*専用のコインやポイントを予め買う必要がなく、商品代金の支払いのみで即購入可能
*この紹介はアフィリエイト広告を利用しています。

小説『アナログ』を読み始めるなら、断然「電子書籍での閲覧が便利でお得」です。

書店が閉まっている夜中に急に読み始めたくなっても大丈夫。
本を買いに書店に行く時間がなくても大丈夫。

電子書籍なら、いつでも、手持ちのスマホやタブレット・パソコンから読み始めることができます☺︎

\オフラインでも読める/

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
ビートたけし|小説『アナログ』電子書籍版

▽紙の書籍で楽しみたい方はこちら▽
Amazon楽天ブックス

*上記広告は商品ページが別タブで開きます。

電子書籍を配信しているサイトの中では、がお得です。

初めて利用する方であれば全員もらえる「初回限定クーポン」を利用すると、ビートたけしさんの小説『アナログ』を、1冊200円ほどで読むことも可能

「お得になった分で、欲しかったあの本もまとめ買い」なんて楽しみ方もいいですね。

水玉ねこ

は、クレカ決済のほか、電子マネーやスマホ決済も使えるよ。

ビートたけし|小説『アナログ』を読む

▽紙の書籍で楽しみたい方はこちら▽
Amazon楽天ブックス

*上記の広告は商品ページが別タブで開きます。

スポンサーリンク

【まとめ】映画『アナログ』の原作小説は大切な何かを気づかせてくれる希少な物語

映画『アナログ』の原作は、ビートたけしさんの小説『アナログ』でした。

ふと出会った人を好きになってしまうこと。
連絡先を敢えて交換せず、紡いでいく人間関係。
会いたくてたまらない人に、突然会えなくなるという出来事。

「大丈夫」という確証が何1つない中での、人との関わり。
それは、アナログであってもなくても変わらないものなのだけどー。

小説『アナログ』は、恋愛を軸に描かれた物語ですが、いつでも誰とでも繋がれる手段を持った私たちが見失いがちな「大切な何か」に気づかせてくれる、希少な作品でもあります。

最近少し疲れを感じているならば、たまにはゆったり腰を落として、ぜひ本作を読んでみてはいかがでしょうか。
読み終わった後には、心地よい「何か」を感じているはずです。

水玉ねこ

ふかふかのあの場所で、今日はゆったり読みたい!

\『アナログ』の電子配信ページへ/

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
ビートたけし|小説『アナログ』を読む

▽紙の書籍で楽しみたい方はこちら▽
Amazon楽天ブックス

*上記広告は商品ページが別タブで開きます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次