映画『リボルバー・リリー』原作は同名小説【解説】今すぐ読める所|あらすじ|原作者|感想評価

映画『リボルバー・リリー』原作は同名小説【解説】今すぐ読める所|あらすじ|原作者|感想評価

*本記事には広告が含まれています。

映画『リボルバー・リリー』には、原作となった小説があります。

ハードボイルド作家・長浦京さんによる同名小説が元となっています。

原作となった小説はどんな本なのか、原作者はどんな人物か、映画『リボルバー・リリー』の原作について、ひとまとめしました。

ぱんねこ

今すぐ読みたい人は、以下から電子ブックで入手可能だよ。

原作小説『リボルバー・リリー』を見てみる
スポンサーリンク


目次

映画『リボルバー・リリー』の原作は長浦京の同名小説!

映画『リボルバー・リリー』の原作となった作品は、長浦京さんの小説『リボルバー・リリー』です。

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

\電子配信なら今すぐ見れる/

原作小説『リボルバー・リリー』を見てみる

長浦京さんが、小説『リボルバー・リリー』の物語を書こうと思ったきっかけは、10代の頃に祖母から聞いた話を思い出したからなのだそう。

「デビュー作に続く2作目として、単に派手なアクションがあるだけでなくファッショナブルな人々を登場させたいと漠然と考えていたときに、10代のころに自分の祖母から聞いた話を思い出したのがきっかけです。

引用元:Yahoo!ニュース

長浦京さんの祖母は戦前、都内にある病院で看護師をしていたそう。
戦前は、現代の日本からはあまり考えられないほど物騒で、ヤクザが幅を利かせ、撃った切ったという事件も日常茶飯事だったといいます。

そんな泥臭さのある時代でしたが、当時の日本は「パリからの文化」が次々に入ってきた時期でもありました。
女性達の考え方にも変化が生まれ、服装もかなりファッショナブルで華やかなものになっていったのです。

映画『リボルバー・リリー』の時代設定は戦前の大正時代
出典元:ダ・ヴィンチ
ぱんねこ

新しい職業が生まれ、働く女性も増えたよ。

反面、「女性は家にいるもの」といった男尊女卑的な考えがまだまだ根強く浸透しており、女性たちは古い考え方と新しい考え方のはざまで、たくさん葛藤していた時代でもあったそう。

変革の時とも言える不安定な時代で、自分らしく生きていこうとする女性を主役にした物語を描きたい、という想いが強くなっていったことで生まれた物語が、『リボルバー・リリー』だったというわけです。

また、小説『リボルバー・リリー』は、長浦京さん中にある「こんな日本映画を観たい」という想いを形にしたものでもある、といいます。

長浦京さんは、この小説を書くとき、「読む映画を作ろう」と決めて執筆に取り掛かったのだとか。
その想い通り、小説『リボルバー・リリー』は、映画を見ているかと錯覚するような作品に仕上がりました。

ぱんねこ

文字だけで、それを表現できるってすごい・・・!

小説を書き上げた長浦京さんは、「いつか実写化されたら嬉しいな」と思いつつも、反面「壮大な規模になりすぎるから実写化は難しいだろう」と諦めてきた気持ちもあったのだとか。

そんな経緯があるなかで決まった、映画化の話。
長浦京さんは「夢が叶った」と人知れず喜んだに違いありません。

「これだけスケールの大きな作品となると予算も大変な額になる。お金がかかりすぎて無理だろうなと思ったからこそ、『読む映画』を作ろうと思い原作小説を書いたのですが、それを実写化すると聞いて、まずは感謝と共に無謀なことをするなと正直思いました。」

引用元:Yahoo!ニュース
まるっとさん

映画化されて長浦ファンも大喜びだよ!

映画『リボルバー・リリー』原作の内容・あらすじ

映画『リボルバー・リリー』原作の内容・あらすじ
出典元:東映

映画『リボルバー・リリー』の原作となった小説の内容・あらすじは、以下のようになっています。

小曽根百合――実業家・水野寛蔵の下、幣原機関で訓練を受け、16歳で実地任務に投入。

東アジアを中心に3年間で57人の殺害に関与し、各国大使館から「最も排除すべき日本人」と呼ばれた美しき諜報員。
20歳で消息を絶った彼女だが、消えた陸軍資金の鍵を握る少年・細見慎太との出会いによって、再び戦場へ。

百合と慎太を追うのは陸軍の精鋭部隊。
関東大震災後の帝都を生き抜く先に、終息の地は待っているのか。
引用元:

小説『リボルバー・リリー』に登場するヒロインの名前は、小曽根百合
思わず目を奪われてしまうほどの美しい容姿からは想像つかないが、諜報員として暗躍していた過去を持つ人物です。

小曽根百合は、重要な情報を持ち追われてしまった少年と出会うことで、一旦は退いていた闘いの世界へ戻ることに。

かつては暗殺にも一役関与していたと言われる小曽根百合が、弱きものを守るために戦い、少年と共に新たな自分へと成長していく様を描いた物語、となっています。

映画『リボルバー・リリー』で強く逞しく成長した姿を見せる少年と主人公・小曽根百合
出典元:北海道新聞
まるっとさん

小説を読むだけでも、「アクションシーンを存分に楽しめる」というのが、すごい・・・!

\電子配信なら、この後すぐに読み始めることが可能!/

原作小説『リボルバー・リリー』を見てみる

映画『リボルバー・リリー』の原作者・長浦京はこんな人物

映画『リボルバー・リリー』の原作者・長浦京はこんな人物
出典元:ENCOUNT
  • 名前:長浦京(ながうら きょう)
  • 生年月日:1967年10月14日
  • 出身地:埼玉県

小説『リボルバー・リリー』を執筆した長浦京さんは、法政大学の経営学部出身
大学を卒業後は、出版社に勤務されていました。

のちに放送作家へ転身
初めて執筆した小説『赤刀』では『第6回小説現代 長編 新人賞』を受賞
小説家としての才能を一気に開花させました。

その後すぐに書き上げた作品が、映画『リボルバー・リリー』の原作ともなった小説です。

長浦京さんが初めて小説を書き上げたのは、難病指定の病を治療するために入っていた病院を退院した後のこと。

入院中に、命とは何か、生きるとは何かについて考えるようになり、それがきっかけで小説を書くようになった」と語られています。

長浦京さんの執筆した小説には、以下のような作品もあります。

  • マーダーズ
  • アンダードックス
  • プリンシパル ・・・他

小説家としてデビューした後も、執筆家として専念はせず、日本そば店に勤務
お店で働きながら、創作活動をするという生活を続けられているといいます。

ぱんねこ

それもまた素敵な生き方だね。

 スポンサーリンク


映画『リボルバー・リリー』の原作を今すぐ読めるところ

映画『リボルバー・リリー』の原作を今すぐ読めるところ
出典元:POLE POLE CINEMAS

映画『リボルバー・リリー』の原作小説が、今すぐ読める主なところは以下の通りです。

  1. :90%オフで購入可
  2. :70%オフで購入可
  3. :40〜50%オフで購入可

上記の3サービスでは、電子ブックとして配信しているため、読みたいタイミングで、読みたい場所で、好きな本を読み始めることができます。

また価格も、紙の書籍を定価で購入する場合の「半額以下の値段」で入手することが可能となっています。

ぱんねこ

電子ブックは一度使ったらもう手放せない位、便利だよ!

特に、『』や『』は、初めてサービスを利用する新規登録の方限定で、「40〜70%オフで購入できるクーポン」を配布しています。

また、『』では、「2000円までの購入が90%オフになるクーポン」を配布中。
一度しか使えませんが、かなりお得に読みたい作品を購入できるので、とってもおすすめです。

\90%オフで買うなら以下のリンクから/

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
原作小説『リボルバー・リリー』を見てみる
ぱんねこ

今すぐでも読み始めたいよ。

小説『リボルバー・リリー』を読んだ人からは、以下のような感想・レビューが寄せられていました。

初 長浦京作品。
少し読みにくかったが、面白く読んだ。
戦闘シーンはよく書かれていて、読み応えがあった。
他の作品も読んでみたい。

引用元:ブクログ

かなり前に読みましたが、あまりの面白さに中学生の息子に勧めました。
私の中のハードボイルドNo.1です

引用元:ブクログ

骨太すぎる作品に呼吸が浅くなりっぱなしで、時々息継ぎが必要だったほど。特殊な訓練を受けた諜報員の百合と、家族を殺され自分も追われる身となった少年、慎太。陸軍の包囲網は、しつこく緻密に2人を追い詰めていく。かなりのページ数なのに、疾走感凄まじい。圧巻の長編お見事でした。

引用元:読書メーター

アメリカのエンターテイメントアクションムービーを観ているかのようにトイレを行く間を惜しんでしまうような連続アクション

引用元:読書メーター

スピード感のある展開に、夢中になってページをめくってしまった人が多いような印象でした。
動画として目で見たわけでもないのに、文字表現のみで迫力あるアクションが伝わってくる点が、本当にすごいなと感じます。

自分だったら読後にどんな感想を持つのか、ぜひ一度読んでみてください。

ぱんねこ

映画のお供に、ぜひ読んでおきたい小説です。

スポンサーリンク

まとめ

綾瀬はるかさん主演の映画『リボルバー・リリー』の原作となった小説は、長浦京さんの執筆した同名小説『リボルバー・リリー
』でした。

映画『リボルバー・リリー』は、物語の設定やストーリー展開が、原作にかなり近い形で作られています。

映画を観る前や観た後に、原作小説を合わせて読んでみると、『リボルバー・リリー』の世界観を存分に満喫することができますよ。

ぱんねこ

細かなシーンも、鮮やかによみがってくるよ。

\買いやすさならDMMブックスNo,1でした/

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
原作小説『リボルバー・リリー』を見てみる

映画『リボルバー・リリー』に登場する人物についてはこちら

あわせて読みたい
映画『リボルバー・リリー』キャストと出演者の役柄|登場人物の相関図 長浦京さんの小説を実写化した映画『リボルバー・リリー』。 関東大震災から復興する最中で起きた、1人の女性と少年の人生を賭けた物語。 どんな登場人物が出るのか ど...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次